JBCクラシック2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はJBCクラシック2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 センチュリオン
1枠2番 タガノゴールド
2枠3番 シュテルングランツ
2枠4番 サンライズソア
3枠5番 アスカノロマン
3枠6番 マイネルバサラ
4枠7番 サウンドトゥルー
4枠8番 ケイティブレイブ
5枠9番 ノンコノユメ
5枠10番 テイエムジンソク
6枠11番 カツゲキキトキト
6枠12番 アポロケンタッキー
7枠13番 オールブラッシュ
7枠14番 オメガパフューム
8枠15番 テーオーエナジー
8枠16番 クリソライト

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

上位人気馬では2枠4番サンライズソアは絶好枠でしょう。

2走前のように極端に出遅れることが無ければ理想的な位置に取り付けると思います。

 

6枠12番アポロケンタッキーは先行馬にしてはやや外枠に入ってしまった。

ただ出遅れ癖のあるデムーロ騎手なので、内枠出遅れで包まれて即終了という事態は避けられそう。

ただ出遅れの時点で完全先行有利のこのコースでは終わりでしょうが‥‥

 

4枠8番ケイティブレイブ7枠14番オメガパフュームはそれぞれの脚質に合った無難な枠順に配置されたのではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬1頭と抑え馬1頭の2点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

2枠4番 サンライズソア(1500円)

 

(抑え馬)

4枠8番 ケイティブレイブ(500円)

 

対抗馬2枠4番サンライズソアは何と言っても絶好調ルメール騎手。

成績も中央競馬中心で走って良績を残している点で評価しました。

 

抑え馬4枠8番ケイティブレイブは近走の成績を見れば確かに一番強いのでは?

しかし地方中心で良績が多すぎる。

地方ダート重賞は強い馬上位4~5頭+その他雑魚馬というぬるま湯競馬。

全馬がそれなりの実力を持った者同士で走る中央競馬とは訳が違う。

というような理由で抑えです。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

上記でも書きましたが、やはり中央でそれなりの実績を持った馬から入りたい。

G1クラスでの実績がありながら、今回は低評価。

理由は追い込み不利?東京競馬専用?距離はマイルまで?と思われているのが多分その多くの理由。

しかし、今回はハイレベルの戦いでペースもある程度流れるのではないでしょうか?

忘れ去られているだけで右回り・距離実績もある。

中央G1馬を舐めてはいけない。