CBC賞2019予想 過去データ消去法

こんにちは、ワイド師です。

今回はCBC賞2019の過去データ消去法の記事です。

データ消去法は上位人気馬編(基本的には4番人気まで)と穴馬編(基本的には5番人気以下)に分けています。

 

そして現在のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずはデータ消去法上位人気馬編から入ります。

改修工事後の2012年以降過去7年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去7年で上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 4~6歳

② 斤量54キロ以上

③ 前走距離1200~1400m

 

以上になります。

過去7年で1~4番人気馬が来た年は7回。

そして今回の条件全てに当て嵌まる馬が来た年は過去7回です。

 

今回の該当馬は

 

セイウンコウセイ
レッドアンシェル

 

この2頭です。

今回はこの2頭をデータ推奨馬とします。

アウィルアウェイは3歳でアレスバローズは7歳。

この時点でこの2頭は脱落しました。

全体で見ても過去7年21頭中21頭が4~6歳馬で占めています。

データ的には不利な材料です。

 


次はデータ消去法穴馬編です。

過去7年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

穴馬編も年代別単位で考えています。

過去7年で穴馬に多く見られる共通点

 

① 5~6歳

② 斤量50~56キロ

③ 前走G1出走馬以外は前走距離1200~1400m

④ 前走G1出走馬以外は関西圏のレースに出走

 

以上になります。

過去7年で5番人気以下の穴馬が来た年は5回。

そして今回の条件全てに当て嵌まる馬が来た年は過去5回です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

グランドボヌール
ショウナンアンセム
ラベンダーヴァレイ

 

この3頭です。

今回はこの3頭をデータ推奨馬とします。

極端な軽量馬は成績が振るいません。

そしてこのレースは圧倒的に関西馬が強い。

関東馬の複勝率が7%台ということから判断すると、前走関西圏出走馬が穴を空けやすいというのも納得です。

 


最後に穴本命候補を挙げたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

CBC賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

このレースは牝馬が穴を空けやすい。

1400m以上だと成績が安定しないが、前走に続き今回もベスト距離の1200m。

血統傾向とデータ推奨馬でも該当した馬で、上位人気馬とのハンデ差も考慮すると狙う価値はあると思います。