CBC賞2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回はCBC賞2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~3番ゲート不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まず最悪な枠に入ったのは鬼門の1~3番ゲート内に入った3枠3番セイウンコウセイです。

正直この配置は痛恨ですね。

更にこの馬は休み明け・関東馬・トップハンデという不安要素が盛りだくさんなので‥

 

次いで2枠2番ショウナンアンセムですが、この馬も鬼門の1~3番ゲート内に入った。

セイウンコウセイ程の不安要素はないですが、この馬も痛い。

 

次いで6枠9番レッドアンシェルは差し・又は先行タイプ。

この枠順は無難な枠順でしょう。

 

最後に大外8枠13番アウィルアウェイですが、脚質的には内より外が良かった。

少頭数なので大外でも特に問題は無さそうです。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇2枠2番 ショウナンアンセム (馬連・ワイド各500円)

穴本命馬ー〇6枠9番 レッドアンシェル (馬連・ワイド各500円)

 

まず消したセイウンコウセイですが、先ほど述べたように不安要素が多すぎる。

そしてアウィルアウェイは過去記事で書いた血統傾向と過去データ共に合致しない。

正直ショウナンアンセムも消し候補だったのですが、一応対抗馬は2頭残したかったという理由で残しました。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

最も狙いたかったグランドボヌールが痛恨の1枠1番。

そうなると過去記事で推奨した血統傾向とデータ推奨馬共に合致したこの馬。

正直、新人の鞍上は不安。

更に重馬場も不安はあるが、前走稍重で好走したのは好材料。

牝馬が活躍するレースでもあり、ハンデも恵まれたここは1発あってもおかしくない。