CBC賞2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回はCBC賞2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中京競馬場で行われる芝1200mのハンデ戦。

今年も荒れることを期待しつつ穴馬狙っていきます。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

中京競馬場は2012年に改修工事をしています。

よってデータは2102年以降の過去7年のデータとなります。

 

 

明らかに不利なのは内枠です。

開幕週で普通なら内枠有利とも思えるのですが、このレースに関してはそうではない。

フルゲートだと大外も良くないですが、今回は登録馬14頭なので気にしなくて良いでしょう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去7年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらも同じですね。

内枠とフルゲートの大外枠は不利です。

1・2・3・17・18番ゲートはデータ的にはマイナスです。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~3番ゲート不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去7年のデータは以下の通りです。

 

 

開幕週だけあってやはり複勝率では逃げ・先行馬有利です。

ただ中団・後方馬が過去7年で5勝している点は見逃せない。

今回上位人気馬4頭で先行タイプはセイウンコウセイだけ。

複勝向きならこの馬。

その他のアウィルアウェイ・アレスバローズ・レッドアンシェルは差しタイプ。

単勝向きなのはこの3頭でしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ディープインパクト・ミスプロ系・SS系短距離型種牡馬又は母父にナスルーラ系す。

父ディープインパクト・ミスプロ系と母父ナスルーラ系はデータ的に好成績ですが、SS系短距離型種牡馬というのはサンプル数が少なく正直まだ半信半疑。

ただ2014年にフジキセキ産駒とダイワメジャー産駒が来ています。

サンプル数が少ないものの過去5年でフジキセキ産駒は2頭出走して1頭馬券内、ダイワメジャー産駒は1頭出走して1頭馬券内という成績。

短距離系のSS系種牡馬は相性が良い可能性があるので今回推奨しました。

今回は該当馬が多いので逆に推奨できない馬を載せます。

今回の非該当馬は

 

アウィルアウェイ
キョウワゼノビア
ショウナンアンセム
タマモブリリアン
レッドアンシェル

 

以上5頭です。

想定オッズ1・2番人気のレッドアンシェルとアウィルアウェイが非該当馬になってしまいました。

アウィルアウェイは血統傾向から考えると父ジャスタウェイは短距離型とは言えない。

レッドアンシェルも同様で父がマンハッタンカフェです。

ただどちらも短距離向きなので走っても不思議ではないが‥‥

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

父の産駒はダート馬が多いが、血統的にはミスプロ系で傾向的には合っている。

何よりの買い材料は全5勝中3勝が中京コース。

しかも3戦3勝である。

前走の惨敗で人気があまりないようなら狙ってみたい穴馬です。