鳴尾記念2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は鳴尾記念2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断していましたが、結局は9頭立てでした。

これだけ少頭数だとあまり枠順の有利不利は考えなくて良さそうです。

ですが、その中でも絶好枠と言えるのは4枠4番タニノフランケルではないでしょうか?

正確に言うと絶好枠と言うより、ブラックスピネルより内に配置されたこと。

これでこの馬の競馬が出来る可能性が高くなったのは間違いないでしょう。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇6枠6番 ステイフーリッシュ (馬連・ワイド各500円)

穴本命馬ー〇7枠7番 メールドグラース (馬連・ワイド各500円)

 

今回消した馬はギベオンタニノフランケルです。

 

ギベオンはやはり2000mという距離がギリギリで距離はベストではない気がします。

今回の対抗馬2頭と比べると距離適性の差が出るのではないでしょうか。

 

絶好枠のタニノフランケルですが、近走負けたクラスがG2戦ばかりとは言えピンかパーみたいな安定感の無さは軸向きではない。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

このレースは堅く収まりそうな気がするんですよね。

何だかんだ言ってもギベオンやタニノフランケルも普通に来そうな予感。

ですが穴馬を選ぶブログですからやはり本命馬は穴馬です。

ノーブルマーズと迷ったのですが、やはりこの馬を選びます。

枠順を見たときは正直厳しいかとも思ったのですが、陣営のコメントを見るとそれでも主張してきそう。

行ってしまえば、この馬の持ち味は最大限に発揮できるはず。

前走の新潟でも本命にしましたが、あの長い直線で良く粘った。

今回は内回り・開幕週となれば前走よりチャンスはありそうです。

あとすごく気になる馬がいるのですが、穴馬1頭軸なのでとても手が出なかったがサンデーウィザードはいつか大穴を開けそう。

もしかしたら今回かもしれない‥‥