高松宮記念2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は高松宮記念2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~9番ゲート有利と判断しています。

上位人気馬は揃って9番ゲート以内に入り、先行馬の大半は外枠配置。

これは穴狙いが難しくなってきました。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

現時点でモズアスコットが4番人気でダイアトニックが5番人気となっています。

ただ総合オッズではダイアトニックが4番人気となっているので、ダイアトニックを上位人気馬として扱います。

 

まずは2枠3番ダイアトニックですが、絶好枠でしょう。

外に逃げ先行馬が偏ったことにより、比較的楽に良いポジションが取れそう。

 

次に3枠6番ダノンスマッシュですが、この馬も絶好枠。

この馬もダイアトニックと同じことが言える。

 

次に4枠8番グランアレグリアですが、先行するのか好位で競馬をするのかは分からないが、好枠の9番ゲート以内に入ったので良い配置だと思います。

 

最後に5枠9番タワーオブロンドンですが、この馬の脚を活かすには丁度良い中枠。

問題ないでしょう。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は4頭全て選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(3連複)

③ダイアトニック ⑥ダノンスマッシュ ⑧グランアレグリア ⑨タワーオブロンドン

 

◎穴本命馬 ー ⑥ダノンスマッシュ ー ③⑧ 各400円

◎穴本命馬 ー ⑥ダノンスマッシュ  ー  900円

◎穴本命馬 ー ③⑧⑨ ー ③⑧⑨ 各100円

計2000円

 

とにかく内枠有利のコースで上位人気馬4頭は全て内枠に入った。

今回は上位4頭の内2頭は馬券内に来ると予想しています。

その筆頭はダノンスマッシュ。

インパクトは足りないが、上位4頭の中で一番欠点が少ない。

3着以内という意味ではこの馬の信頼性は1番ありそう。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

狙っていた馬が痛恨の外枠。

通常なら即消しなのだが、ただ枠の並びを見ると内枠にはどうしても前に行きたいという馬は皆無。

これならばスタートで一気に内に潜り込むことが出来そう。

内にさえ入ってしまえばチャンスは十分ある。

だが現時点のオッズでは枠順と中山巧者という意識が強いのか全く人気が無い。

このレースで実績もある馬でこの人気なら狙ってみる価値は十分ありそうです。