高松宮記念2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は高松宮記念2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中京競馬場で行われる芝1200m戦。

タワーオブロンドンを筆頭に強豪実力馬が揃い、面白そうな1戦です。

次回の記事で書く予定ですが、非常に枠順が重要になるレース。

枠順で明暗が分かれるレースと言っても過言ではないでしょう。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

2016年以降、高松宮記念の週からBコース変更となっているのですが、今年は開催5日目以降から変更になっています。

ちなみに高松宮記念は8日目開催です。

一応データはBコース代わりの2016年以降を採用します。

データは過去4年分となります。

 

 

複勝率で見ると、先行馬か差しの2択です。

逃げや追い込みという極端な脚質は割引と言えるでしょう。

これは過去10年で見ても同じことが言えて、今回逃げ馬で言えばモズスーパーフレアは確実。

穴狙いでもこの馬は避けた方が賢明だと思う。

中山専用機だし‥‥

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

エアロヴェロシティとナックビーナスの母父はサンデーサイレンス系ではありません。

大系統ではヘイルトゥリーズン系で同じですが。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・エンドスウィープ系

・キングカメハメハ

・ロードカナロア

 

又は

 

母方に

・ダンチヒ内包馬

 

です。

 

ロードカナロア産駒の好走例がありませんが、キングカメハメハ系であり本来は短距離血統なので期待を込めて対象としました。

 

今回の該当馬

 

グルーヴィット
ステルヴィオ
セイウンコウセイ
ダイアトニック
ダノンスマッシュ
ティーハーフ
ナックビーナス
モズスーパーフレア

 

以上7頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 7歳以下
② 前走芝レースで1着or1番人気
③ 当日馬体重480キロ以上

 

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中10回です。

 

今回の想定1~4番人気馬で上記の条件に該当する馬は

 

ダノンスマッシュ

 

この1頭です。

ただ前走馬体重は478キロで部妙なラインですが‥‥

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

想定オッズではかなり人気薄だが、これは妙味あり。

リピーターが多いレースでもあり、この馬も該当する。

内枠配置が叶えば、激走も十分あり得る。