高松宮記念2019予想 枠順・脚質・血統傾向訂正版

この記事は訂正版です。

2016年以降、高松宮記念の週からBコース替りに変更になっているのを見逃していました。

こんばんわ、ワイド師です。

今回は高松宮記念2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは中京競馬場で行われる芝1200m戦です。

中央競馬第二弾のG1です。

やはりG1なのでバッチリ仕留めたいですね。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

枠順傾向に関して記事を更新訂正しました。

2016年以降、高松宮記念の週からBコース替りに変更になっています。

以下がその結果です。

 

 

これを見ると3~9番ゲートからしか馬券内になった馬がいません

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2016年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると当然穴馬も内枠からしか出現していません。

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

脚質傾向に関して記事を更新訂正しました。

2016年以降の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると複勝率では先行・差しはほぼ互角です。

過去3年しかないのではっきりした傾向は決めつけられませんが、コース替りということで前に行く馬が有利なのは間違いないでしょう。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は母父にナスルーラ系orロイヤルチャージャー系です。

確かにアドマイヤムーン産駒を代表とするミスプロ系は近年好調です。

ただ母父に注目するとほとんどが母父にナスルーラ系orロイヤルチャージャー系で、父にミスプロ系を持たない馬でも同じく母父にナスルーラ系orロイヤルチャージャー系という血統構成が活躍しています。

今回の該当馬は

 

アレスバローズ
カイザーメランジェ
グランドボヌール
スノードラゴン
セイウンコウセイ
ダイメイフジ
ダイメイプリンセス
ナックビーナス
ラインスピリット
レッツゴードンキ

 

以上10頭です。

ちょっと頭数が多いですが、ナックビーナスとレッツゴードンキ以外は人気薄です。

きっと穴馬はこの中にいると思います。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

正直、脚質面ではかなり買いづらい。

ただ前走は大幅な体重減で本調子ではなかった。

そして今回は鞍上への期待込みでこの馬を推します。

G1になると異常に強いこの騎手。

この想定オッズでこの騎手なら買い時ではないでしょうか。