青葉賞2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は青葉賞2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると内枠から満遍なく好走馬は出ているが、14番ゲート以降からはその好走率が下がっている。

外枠不利と見て良いでしょう。

 

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

穴馬に関しては13番ゲート以降からは穴馬は僅か1頭。

こちらも同じく外枠不利な傾向があります。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


次は穴馬過去データ消去法です。

穴馬は基本的には5番人気以下としています。

 

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走500万クラス以上
② 前走距離2200m以上
③ 前走3着以内

 

以上になります。

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は9回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去9回中8です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

アイアンバローズ
ディアスティマ
メイショウボサツ
ヴァルコス

 

この4頭です。

重賞戦線で敗れてここに挑戦する馬より、まだ底が見えていない馬が穴をあける傾向が強いです。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

青葉賞2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

穴馬データ推奨馬からこの馬を挙げます。

デビュー以来重賞含め一度も圏内から外れたことのない安定性がある。

勝ちきれない反面、崩れないという魅力がある。

ただディープインパクト産駒ということもありもう少し売れてしまいそうな気もする。

オッズ次第で妙味があれば狙ってみたいです。