青葉賞2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は青葉賞2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~12番ゲート有利と判断しています。

 

今回は3強オッズとなっているので上位人気馬3頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番フィリオアレグロですが、好枠じゃないでしょうか。

ただ逃げ馬はロールオブサンダーだけだが先行馬もそれなりに揃っている。

最内となると前目につけないと厳しくなる可能性も…

まあ、鞍上がレーン騎手なら問題ないか。

 

次に2枠3番オーソリティーですが、好枠でしょう。

ここなら控えても最内枠程包まれる心配はないと思う。

先行するにしても良い配置でしょう。

 

最後に7枠15番フライライクバードですが、この馬の脚を活かす外枠と言うのは良かったと思う。

ただこのレースの7枠・8枠の成績はイマイチなので、中枠くらいが良かったかな。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びますが今回は上位3頭から。

今回は対抗馬2頭と押さえ1頭を選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(馬連)

◉穴本命-〇1枠1番 フィリオアレグロ (900円)

◉穴本命-〇2枠3番 オーソリティー (900円)

◉穴本命-▲7枠15番 フライライクバード (200円)

 

(計 2000円)

 

対抗馬は①フィリオアレグロ③オーソリティーの2頭。

根拠はまず騎手。

外人信者みたいですが、1・2番人気が外人騎手で揃って飛ぶとは思えない。

レーン騎手は言うまでもないが、当初ヒューイットソン騎手は信用できなかったが人気薄でも持ってくる上手いジョッキーだと思います。

更に枠順と重賞実績を加味するとこの2頭は重視したいです。

 

押さえは⑮フライライクバードです。

評価を落とした最大の理由は枠順です。

脚質的には問題無いが、やはり15番ゲートと言うのは枠順傾向から考えてもマイナス。

ただ決め手を持つ馬が滅法強いレースなので、その点では上記2頭よりは遥かに魅力。

頭で突き抜けてもおかしくないが、重賞好走馬を抑えての1番人気というのはやや妙味薄ですね。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

5代血統内には入ってないがこの馬も遡れば好走血統のグレイソブリンの血を引き継いでいる。

脚質傾向的にも上り勝負に対応できる能力はありそう。

前走で同距離を経験している点も買い要素である。