阪神牝馬ステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は阪神牝馬ステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~5番ゲート不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠2番サウンドキアラ2枠4番ビーチサンバですが、このレースでは鬼門と言えるくらい相性が悪い5番ゲート以内に入った。

これはマイナス材料だと思います。

 

次に6枠11番シゲルピンクダイヤですが、これは良い枠でしょう。

末脚を活かすには程良いやや外目という配置だと思います。

 

最後に7枠13番ダノンファンタジーですが、問題無いでしょう。

欲を言えば先行馬なので8番ゲートくらいが良かったと思うが、多少控えても競馬が出来る馬なので大丈夫だと思います。

 

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◉穴馬(C)7枠13番 ダノンファンタジー (馬連 1000円)

◉穴馬(D)-〇7枠13番 ダノンファンタジー (馬連 1000円)

 

当初はサウンドキアラとダノンファンタジーの対抗馬2頭の予定でしたが、サウンドキアラの枠順は歓迎できない。

それならば上位4頭の中で枠順も脚質も傾向に沿っており、格も最上位のダノンファンタジーの1頭に絞ります。

 

最後に穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

対抗馬を1頭に絞ったので、穴馬は週中に挙げた2頭をそのまま残しました。

(C)

阪神1600mの実績は言うこと無し。

昨年の同レース好走馬でもある。

先行脚質で今回はそれ程前を主張したい馬も少ない。

枠順がやや外過ぎるかもしれないが、切ったら後悔しそう。

(D)

戦績を見れば、明らかに距離が長い。

ただ阪神芝1600mに限れば阪神ジュベナイルフィリーズ5着、桜花賞6着で健闘している。

先行有利のレースでもあるので、前に付けられるこの馬を狙ってみたい。