阪神大賞典2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は阪神大賞典2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると内外で差はない。

今年少頭数で有利不利はないでしょう。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

こちらをみても、登録馬10頭ということを考えると差はない。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次は穴馬過去データ消去法です。

穴馬は基本的には5番人気以下としています。

 

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した穴馬に多く見られる共通点

 

① 牡馬(但し過去に牡馬混合のG2クラス以上で勝利、G1で連対している牝馬は対象内)
➁ 前走芝2400m以上の重賞出走馬

 

以上になります。

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は8回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去8回中8です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

タイセイトレイル
ムイトオブリガード
レノヴァール

 

この3頭です。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

阪神大賞典2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

近走の成績は冴えないが、なんと言ってもこのレースの特注血統とも言えるハーツクライ産駒。

今回は鞍上も強化され長距離実績は抜群。

難点は前目で競馬ができないことだが、そこは鞍上の手腕に期待します。