阪神大賞典2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は阪神大賞典2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは6枠6番メイショウテンゲンですが、追い込み馬で今回は少頭数でもあり配置はどこでも良いでしょう。

過去傾向から考えて展開が向くとは思えないが‥

 

次に7枠7番ボスジラですが、枠番で見るとやや外目だが少頭数。

前に行く馬も少なく特に問題無いでしょう。

 

次に8枠9番キセキですが、ベストは内枠なのは間違いない。

ただこの馬以外どうしても主張したい馬がいるわけでもなく、マイナスにはならないと思います。

 

最後に8枠10番ユーキャンスマイルですが、この馬の脚質を考えるとベストでしょう。

ただベストであってもこのレースで後方追い込みが嵌るとは思えない。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は3頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(3連単フォーメーション)

⑦ボスジラ ⑨キセキ ⑩ユーキャンスマイル

1着 ⑦⑨
2着 ⑦⑨
3着 ◎穴本命馬(A)(B)
各400円×4点=1600円

1着 ⑦⑨
2着 ⑩
3着 ◎穴本命馬(A)(B)
各100円×4点=400円

計2000円

 

ここは頭数的にも上位と下位の能力差を考えても馬連では高配当は望めない気がする。

穴が来るなら3着と読んで3連単勝負です。

ただ上位人気3頭の中で評価を少し落としたいのはユーキャンスマイル。

脚質・血統傾向から考えてこの馬が一番危ない。

メイショウテンゲンは力量的に微妙で脚質も信頼できない。

それで4番人気では妙味なしなので消します。

 

最後に穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(A)

このレースの好走条件は前に付けられ、上りが使える馬。

そして絶好枠に入った。

この条件にピッタリ合うのがこの馬で、父ハーツクライというのも買い材料です。

(B)

この馬もハーツクライ産駒。

鞍上は過去10年で同レース6戦3連対で長距離実績は言うこと無し。

4走前から急に前で競馬が出来なくなっていて成績が落ちているが、そこは鞍上の手腕で前目での競馬に期待します。