阪神大賞典2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は阪神大賞典2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

今週から記事構成を少しだけ変えて書いていこうと思ってます。

このレースは阪神競馬場で行われる芝3000m戦。

例年のごとく今年も少頭数での開催。

現時点では小波乱ではないかと思っています。

買い方が重要になってくるでしょう。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

先行とマクリで9勝ということから考えると4角ではそれなりの位置をキープしていなくてはなりません。

ちなみに過去10年で4角4番手以内の馬は9勝しています。

 

そして上り1・2位の複勝率が極めて高いことから考えると、前に付けられ上りを使える馬というのがこのレースの必勝パターンでしょう。

今回の登録馬で近走の走りから前に付けそうな馬というと、キセキ・ドレッドノータス・ボスジラ・レノヴァール辺りでしょう。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ステイゴールド

・ハーツクライ

・ディーインパクト

 

又は

 

・グレイソブリン内包馬

 

です。

長距離といえばハーツクライ産駒でグレイソブリン内包馬。

ハーツクライ産駒以外でもグレイソブリン内包馬は活躍傾向にあります。

もちろんディーインパクト・ステイゴールド産駒も侮れません。

 

今回は該当馬が多いので該当馬を載せます。

 

ドレッドノータス
メロディーレーン
ユーキャンスマイル

 

以上3頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走2200m以上のG2クラス以上出走馬

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中10回です。

 

今回の想定1~4番人気馬で上記の条件に該当する馬は

 

キセキ
ユーキャンスマイル

 

この2頭です。

ここまでを踏まえて上位人気馬で推奨するならキセキとボスジラですね。

特に推したいのはボスジラ。

勢いに乗ったディープ産駒で、前で競馬が出来て上りも使える。

逆に危ないかもしれないのはユーキャンスマイル

消去法では残ったが、脚質的には傾向と真逆でキンカメ産駒というのも過去5年で好走例がない。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

現時点ではまだ悩んではいるが、想定オッズでここまで人気が無いのなら3着くらいなら狙えるかな。

前走はハンデ戦ということもあり健闘したということもあるが、タイセイトレイルやメイショウテンゲンとは互角に渡り合った。

今回はレース傾向的に前で競馬が出来てソコソコ上りが使えるこの馬なら前走以上の前進が見込めるかも。