阪神ジュベナイルフィリーズ2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪神ジュベナイルフィリーズ2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝1600m戦。

近年はとにかく荒れない。

5番人気以下の馬は出番無しという状態。

今年もリアアメリアを筆頭に3強ムード。

それでも穴を狙うべきか迷っています。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると内でも外でも好走馬は出ている。

これを見る限りでは偏りは無さそうです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見ると偏りが出ました。

過去10年で1~5番ゲートから出た穴馬は僅か1頭です。

キャリアの浅い2歳牝馬ですから、力量が微妙な人気薄の馬は揉まれる内枠では力を発揮できない可能性が高いかもしれない。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~5番ゲート不利

 

と判断します。

人気馬はともかく、穴馬に関しては内枠に入ったら即消しでも良いと思ってます。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると逃げ馬は全滅です。

そして差し馬が7勝していることを考えると、やはり切れ味勝負のレースと言えそうです。

今回3強オッズのウーマンズハート・クラヴァシュドール・リアアメリアの3頭は全て全戦上り最速という成績で、重賞レースも含む。

これを考えるとやはりこの3頭はかなり有力です。

穴党には厳しいレースと言えるでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトorステイゴールドです。

この2頭は過去5年で複数回絡んでおり、複勝率も高い。

更に父ステイゴールドのオルフェーヴル産駒も活躍していることから、ステイゴールドの血は侮れません。

ただ今年はステイゴールド産駒はなく、ディープインパクト産駒だけが対象になります。

 

今回の該当馬は

 

リアアメリア
ヴィースバーデン

 

以上2頭です。

断然人気が予想されるリアアメリアですが、傾向的には重視しなくてはならないでしょう。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

かなり堅そうなレースかもしれないが、穴で狙うならこの馬はその可能性がある。

新馬ではウーマンズハートに完敗しているので3着以内なら‥‥

ファンタジーステークス2着のマジックキャッスルに前走勝利。

2戦連続で上り最速を繰り出しており、脚質傾向にも沿っている。

勝負するならワイドかな。