阪神カップ2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪神カップ2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝1400m戦。

リピーターが非常に多いレースですが、今年はシュウジしか該当馬がいない。

さすがに厳しいのでは?

そうなると同コース実績馬から狙っていくという攻め方もありかもしれません。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

まず目につくのが、2番ゲートと13番ゲートで3勝づつしている。

これで判断すると内外で差はないと判断できる。

ただ大外枠の16番ゲート以降の複勝率が平均して悪いように感じる。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬で見るとどのゲートからも出現しているが、やはり個人的には16番ゲート以降が悪いように思える。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

16番ゲート以降不利

 

と判断します。

ただこれは感じ方の問題かもしれない。

人によっては差はないと思う人もいるはず。

一応自分は8枠軽視で考えています。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

勝率・複勝率共に逃げ馬有利です。

次いで先行馬という順です。

ただ差し馬が5勝している点は注意。

勝率で言えば先行馬より高い。

しかし上り1・2の複勝率を見るとそこまで高いものではない。

そうなるとチョイ差しができる先行馬達のすぐ後ろのポジションを取れる馬が理想的でしょう。

 

逃げ馬なら枠順にもよるがマイスタイルorイベリスの2択。

チョイ差し馬なら‥‥意外にいないですね。

先行勢の他は結構後ろから行く馬が多い。

そうなると先行勢の中でそれ程ポジション取りに拘らなそうなタイプがチョイ差しタイプ?

フィアーノロマーノロジクライ辺りが能力的にも上位に食い込めそうなチョイ差しタイプかもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディープインパクト

・短距離型サンデーサイレンス系種牡馬(フジキセキ・ダイワメジャー等)

 

又は

 

母父に

・ナスルーラ系

 

です。

 

今回の該当馬は

 

イベリス
グランアレグリア
シュウジ
ショウナンライズ
シヴァージ
スマートオーディン
メイショウショウブ

 

以上7頭です。

特に注目は母父ナスルーラ系で過去5年の複勝率が40%を超えている。

イベリス・グランアレグリア・シヴァージ・ショウナンライズがその該当馬。

中でも断然人気が予想されるグランアレグリアには心強いデータです。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

近2走はレベルが高すぎての敗戦で仕方なし。

阪神1400mでの実績があり、鞍上も強化された。

3走前は重賞初制覇で実績はこのクラスなら十分。

脚質的にも特に問題無さそうなので、この馬なら勝負になると思います。