阪神カップ2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は阪神カップ2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では16番ゲート以降不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

 

まずは1枠1番マイスタイルですが、絶好枠ですね。

イベリスが大外枠に入ったことにより更に自分の競馬が出来る可能性が高まった。

脚質傾向でも逃げ馬有利なレースなので、今回ペースは流れそうだがこの配置ならそれでも粘り込めそう。

 

次に2枠2番レッツゴードンキですが、この馬も絶好枠。

過去の好走歴を見ても内枠に入った時のこの馬は怖い。

 

次に3枠5番グランアレグリアですが、この配置は決してプラスではない。

断然人気でまさかの3着だった朝日杯、そしてNHKマイルでも内枠で脆さを出した。

勝ってもおかしくは無いが、半年以上の休み明けでこの配置となると圏外になってもおかしくはない。

 

 

最後に5枠10番フィアーノロマーノですが、穴本命候補だったが予想以上に売れて3番人気。

先行馬だが、この位置なら及第点と言ったたところでしょう。

この配置なら控えてチョイ差しという方がチャンスがありそうな気がします。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬〇1枠1番 マイスタイル (馬連 500円・ワイド 500円)

◎穴本命馬-〇2枠2番 レッツゴードンキ (馬連 500円・ワイド 500円)

 

グランアレグリアは確かに強い。

だが長期休養明け・初の1400m・内枠という不安要素が満載。

ピンかパーかという結果の可能性も十分ある。

ここは高配当を狙って絶好枠に入った2頭で勝負です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

まさかこの馬がここまで人気落ちするとは思わなかった。

京都巧者なのは間違いない。

ただ今回乗り替わりの鞍上とは超好相性。

距離は違えど阪神での好走歴もアリ。

近走のG1実績を考えると、今回の上位勢にも引けは取らない。

展開的に先行脚質のこの馬には微妙だが、能力でカバーできると信じます。