阪急杯2020予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

今回は阪急杯2020の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝1400m戦。

有力馬は一長一短ありダイアトニックといえど取りこぼしも考えられる。

基本的に荒れるレースなので、大きい獲物を狙っていきたいです。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると好走馬は6番ゲート以内の内枠に密集しています。

ただ外枠からの好走馬もまあまいるので、軽視は禁物か。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関してもやはり6番ゲート以内有利です。

7番ゲート以降も来てない訳ではないですが、全体傾向以上に内枠が有利と思えます。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~6番ゲート有利

7~10番ゲート不利

 

と判断します。

気になるのは中枠の成績ですね。

優位な順は内>外>中のように思えます。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると差し・追い込みで6勝と後方勢が健闘しています。

先ほどの枠順傾向では外枠の成績もそれ程悪くなかった。

脚質傾向と合わせて考えると、内での立ち回り又は外枠からの差し・追い込みがこのレースの傾向と言えそうです。

 


最後に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・キングカメハメハ系

・サンデーサイレンス系

 

又は

 

父or母父に

・ノーザンダンサー系

 

です。

正直、父の系統や母父の系統で特筆できる程抜けているというものはない。

ただその中でも比較的好走傾向にあるのは上記の系統です。

この条件で過去15頭中13頭が該当します。

今回は対象馬が多いので非該当馬を載せます。

 

今回該当馬

 

クリノガウディー
ジョイフル
ニシノラッシュ
ライラックカラー

 

以上4頭です。

この中でもクリノガウディー・ニシノラッシュ・ライラックカラーは父にロベルト系やナスルーラ系を持つ。

この血統は過去5年で好走馬無しです。

穴狙いでも軽視したいと思います。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

枠順次第で流動的だが、この馬は内枠に入ったら面白いと思う。

明らかに格下馬で過去の好走馬から判断すると消しだが、今回は極端に先行馬が少ない。

先行か後方かみたいな極端な競馬が多いが、一応数少ない先行馬の1頭。

内の立ち回り勝負に持ち込めれば一発あるかもしれない。

勢いのあるディープ産駒は買いという格言に沿ってこの馬を推します。

初の左回りはちょっと心配だが‥‥