関屋記念2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は関屋記念2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では9番ゲート以降有利と判断しています。

 

上位人気4頭でまず絶好枠と言えるのは7枠13番ミッキーグローリーでしょう。

このレースは外枠の差し・追い込み馬を買うのは定石なので、文句なし。

 

5枠10番ロシュフォールもミッキーグローリー程外寄りではないが、同脚質でこの馬も好枠と呼べる配置に入ったと思います。

 

逆に2枠3番ケイデンスコールは嫌な枠順に入りましたね。

本来なら相手候補筆頭でしたが、この枠では外差しはかなり難しくなりました。

 

3枠6番ソーグリッタリングもケイデンスコール同様、脚質的に外枠がベストだったので割引だと思います。

 

対抗馬は上位4番人気以内から3頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇2枠3番 ケイデンスコール (ワイド600円)

穴本命馬ー〇5枠10番 ロシュフォール (ワイド600円)

穴本命馬ー〇7枠13番 ミッキーグローリー (ワイド800円)

 

ミッキーグローリーは骨折休養明けで当初は即消しの予定でしたが、上位人気馬の中で最も絶好枠に入ってしまった以上消せなくなりました。

ケイデンスコールは内枠に入ってしまったが、左回りの鬼で最も重視していた馬だったのでこちらも残すことに。

ロシュフォールの前走は完全に全ての条件が向かない中での敗戦。

今回の条件はこの馬には合うはず。

やや距離が短いものの、新馬と前走以外は全て上り最速を繰り出していた馬で期待しています。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

とにかく内枠は嫌いたい。

候補馬だったサラキアとオールフォーラヴは揃って内枠に入ってしまった。

そこで新たな本命馬で勝負したいと思います。

今回は前に行きたい馬がとにかく少ない。

ファストアプローチが回避したことにより、その数はさらに減った。

このレースは逃げ・先行馬の複勝率は差し・追い込み馬より遥かに上で、必ず毎年1頭は前に行った馬が残る。

ズバリ狙うのは先行馬で、昨年のレースで大活躍したディープ産駒の牝馬。

前走の敗戦でかなり評価は下がったが、この馬の得意距離はマイル戦。

2歳時はリスグラシュー・モズカッチャン・アエロリットと差の無い競馬をしていた馬。

かなり人気薄だが、思い切ってこの馬で勝負します。