金鯱賞2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は金鯱賞2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

現時点のオッズは限りなく1強に近い2強オッズ。

今回はサートゥルナーリアとロードマイウェイの配置だけ見ていきます。

 

まずは5枠6番サートゥルナーリアですが、今回少頭数のうえ差しても先行しても問題なし。

欠点は見当たりません。

 

次に7枠10番ロードマイウェイですが、以前は先行策が多かった前走は今までと一変して差し競馬で勝利。

この馬も展開不問ですかね。

少頭数なので特に問題ないのではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬(A)5枠6番 サートゥルナーリア (馬連 1000円)

◎穴本命馬(B)-〇5枠6番 サートゥルナーリア (馬連 1000円)

 

 

もうサートゥルナーリアしかいないでしょ。

競馬に絶対はないと思っても、この馬が消えるとは思えない。

 

最後に穴本命馬は2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

週中の挙げた2頭でそのまま勝負です。

(A)

年齢の割りに使い減りしていないディープ産駒。

まだ十分伸びる余地はある。

人気的にも面白そうなので期待値は大きいです。

(B)

前走は案外だったが、2走前のG1では逃げて6着という大健闘。

今回のメンバーなら先手は楽に取れそう。