葵ステークス2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は葵ステークス2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

まず勝馬が6番ゲート以内で9勝挙げている。

複勝率で見ると8番ゲートくらいまでは平均的に高い数値になっている。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

穴馬に関しても8番ゲートくらいまでが複勝率は高め。

ただ、過去10年で見ると昨年以外は必ず10番ゲート以内から穴馬は出ている。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~10番ゲート有利

 

と判断します。

 


次は穴馬過去データ消去法です。

穴馬は基本的には5番人気以下としています。

 

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走関西圏のOPクラス以上のレースに出走
② 前走距離1400m以上

 

以上になります。

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中9です。

 

今回の想定5番人気以下馬で上記の条件に該当する馬は

 

エグレムニ
ゼンノジャスタ
デンタルバルーン
マイネルグリット

 

この4頭です。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

葵ステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

穴馬消去法からこの馬を挙げます。

今回は連勝した得意距離に戻り、前走は復調の兆しが見える走り。

この距離ではNHKマイルカップ覇者ラウダシオンを退けて重賞勝利。

人気もなさそうなので、狙ってみたいと思います。