葵ステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は葵ステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~10番ゲート有利と判断しています。

大混戦ですが、総合オッズから判断すると上位4頭はビアンフェ・ビップウインク・アルムブラスト・ケープコッドでしょう。

今回はこの4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番ケープコッドですが、絶好枠でしょう。

過去10年の勝ち馬が6番ゲート以内から9頭出ているように内枠有利。

近走先行策は取っていないが、当然それなりの位置を取ってくるでしょう。

 

次に1枠2番アルムブラストですが、こちらも絶好枠。

先行できる脚もあるので良いと思います。

 

次に6枠12番ビアンフェですが、これはマイナスですね。

逃げたい口なので外枠は痛い。

ただ唯一の救いは逃げ馬が外枠に偏ったこと。

10番のデンタルバルーンより前に行けるかがポイントでしょう。

 

最後に8枠16番ビップウインクですが、痛恨の大外枠。

1200mで変わり身を見せたことからの人気でしょうが、この枠で人気馬として扱うにはリスキー過ぎるのではないか。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選び、今回は馬単穴馬2着付けです。

今回の対抗馬は3頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(馬単)

1枠1番ケープコッド → ◉穴本命 (600円)

2枠2番アルムブラスト → ◉穴本命 (600円)

6枠12番ビアンフェ → ◉穴本命 (800円)

(計 2000円)

 

まず1枠1番ケープコッドと2枠2番アルムブラストですが、他の有力馬が揃って外枠という時点でこの2頭は有利。

更に展開的にもかなり流れそうで、上位馬の中でこの2頭は一番良い位置をキープできそう。

 

6枠12番ビアンフェは迷いましたが、一応残しました。

500キロを超える雄大な馬格があり、函館2歳Sの覇者でもある。

実績的にはやや抜けているので、軽視は禁物かもしれません。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

今回は連勝した得意距離に戻り、前走は復調の兆しが見える走り。

この距離ではNHKマイルカップ覇者ラウダシオンを退けて重賞勝利。

更に好枠を引いたのでチャンスは十分でしょう。