葵ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は葵ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~8番ゲート有利と判断しています。

 

上位人気馬4頭の配置を見てみると、まず1枠1番ケイアイサクソニーは超絶好枠に入りました。

この馬の場合、4番人気になっているのは確実にこの枠順が影響している。

逃げ・先行脚質の1枠1番となれば見逃せないのは当たり前。

穴馬レベルだった馬がここまで人気になる程、このレースは内枠が有利だということです。

 

そして残る上位人気馬3頭の内、最も外枠に入ったのが6枠11番ディープダイバーです。

先行脚質でもない上に、外枠となると人気馬として扱うのはちょっとリスキーではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

現在試験的にワイド・馬連・複勝の併用馬券で勝負しています。

穴本命が来た時には必ず利益になる複勝、爆発力の馬連、そしてその中間のワイド3券種併用馬券です。

 

3券種の資金配分は同額です。

掛け金は目安として1800円設定です。

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から3頭選びます。

そして今回の消馬ディープダイバーです。

根拠は簡単です。

上位人気馬の中で唯一外枠に入ったからです。

 

それでは今回の買い目ですが

 

(ワイド・馬連) 基本的に同額資金配分

穴本命馬ー〇1枠1番 ケイアイサクソニー (ワイド・馬連各200円)

穴本命馬ー〇3枠6番 ディアンドル (ワイド・馬連各200円)

穴本命馬ー〇4枠7番 アウィルアウェイ (ワイド・馬連各200円)

(複勝)

穴本命馬 ????? (600円)

 

計1800円です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴馬も狙うなら内枠です。

それ程このレースは内枠有利。

デビュー当初は差し競馬でしたが、近2走は先行脚質に転換している。

鞍上もこの枠に入った以上、それなりに前で競馬をするはず。

デビュー2戦目は着差があったとは言え、グランアレグリアの2着。

2走前はスプリングステークス3着馬とコンマ2秒差。

今回の出走メンバー相手ならチャンスは十分あるはず。