葵ステークス2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は葵ステークス2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝1200m戦で、とにかく荒れるレースです。

こういう時こそ思い切った穴馬を狙っていきたいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズ単勝二桁台までは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

昨年から重賞に格上げされたばかりのレースでデータ量も乏しいので、OP時代も含めた傾向から検索します。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると絶好枠は1~3番ゲートでしょう。

ただ14番ゲートまでは許容範囲とも思える。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、やはり絶好枠は1~3番ゲートでしょう。

ただ複勝率を見ると8番ゲート辺りまでは成績的に悪くない。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~8番ゲート有利

 

と判断します。

絞るなら1~3番ゲートは超有利と言えるでしょう。

ただ有利枠の絞り過ぎで過去に痛い目を見ているので、甘めに考慮しています。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると完全に逃げ・先行有利です。

枠順傾向とこの脚質傾向を考慮すると、内枠の逃げ・先行馬は断然有利と言えるでしょう。

まさに競馬の基本ですね。

そういう意味では現在4連勝中の想定2番人気ディアンドルは完全な先行馬。

アウィルアウェイは1番人気想定だが、脚質傾向的には信頼性に賭ける。

ディアンドルが内枠に入るようなことがあれば、黙って買いと言える馬ではないでしょうか。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ヘイルトゥリーズン系・ナスルーラ系です。

今回はミスプロ系やノーザンダンサー系が多数出走しているので、この2系統で独占とは考えにくいが、それでもこの傾向を重視したいと思います。

 

今回の該当馬は

 

アイラブテーラー
アウィルアウェイ
アズマヘリテージ
ショウナンタイガ
ジャスティンディープ
ダイバー
ドゴール
ファイトフォーラヴ
ラミエル

 

以上9頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

ディープダイバーを物差しにするとここまで人気が無いのは考えられない。

負けっても勝っても3戦全てコンマ1秒差。

派手さは無いし鞍上も地味だが、血統背景的には京都が得意そうな予感がする。

まずは抽選突破して欲しい。