菊花賞2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は菊花賞2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では16番ゲート以降不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは7枠枠13番ヴェロックスですが、この馬は先行馬。

8枠が不利だということは前回記事で書いたが、逆に勝率で見ると1・2枠有利

これは距離ロスが少ないということからだが、先行馬のヴェロックスがこの枠に入ったら確勝級だったかもしれないが、多少その確率は下がったかもしれない。

それでも先行馬は比較的外寄りに配置されたので、この枠からでも前目に取り付けそうなので及第点と言ったところでしょう。

 

次に3枠5番ワールドプレミアは差し・追い込みタイプ。

キャリア5戦で新馬戦の13頭立て以上のレース経験無し。

フルゲートの内枠で経験値の低さが露呈するか?

だが、ヴェロックスに勝つなら内枠しかないと思う。

この枠に入った以上外差しは無いだろう。

脚を溜めてからのIN突き狙いでピンかパーか?

 

次に1枠2番ニシノデイジー近3走は追い込みと言っていいほど後方からの競馬が続いている。

この脚質のままで最内枠ならマイナス評価ですね。

しかし今回の鞍上はルメール騎手。

今回の乗り替わりでどんな競馬ができるか?

せめて中団前目くらいで競馬が出来ればノーチャンスではないでしょう。

 

最後に4枠7番ヒシゲッコウですが、この馬は差し馬。

枠順的には距離ロスも少なく、包まれるリスクも少なさそうな丁度良い配置ではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬ー〇3枠枠5番 ワールドプレミア (馬連 500円・ワイド 1000円)

◎穴本命馬ー〇7枠13番 ヴェロックス (馬連 500円)

 

まともに考えれば普通はヴェロックスです。

ただ馬券的妙味も考慮して、思い切って対抗馬はワールドプレミア中心で攻めます。

その根拠は過去10年で前走上り2位以内重賞組3着以内且つ関西馬の複勝率は100%というデータからです。

それに該当する馬はワールドプレミアだけでした。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴本命馬は結構迷いました。

絶好枠のザダル・そのザダルに前走先着したサトノルークスというのも捨て難い。

そんな中でも一番狙ってみたいのはこの馬。

今回の鞍上と関東馬と言うのは正直不安。

ただ明らかに距離が伸びて良いタイプで、陣営も随分前から菊花賞を視野に入れていた。

近2年穴馬を輩出している前走阿賀野川特別の勝ち馬。

鞍上には調教師試験で落ちた鬱憤をこのレースで是非晴らして欲しい。