菊花賞2018予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は菊花賞2018の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝3000m戦です。

今年は絶対的な主役と呼べる程の馬はいません。

エポカドーロが皐月賞馬の意地を見せるか?

面白い戦いになりそうです。

 


まず枠順傾向です。

今回も登録馬が20頭でフルゲートは確実でしょう。

まずは過去10年の枠順傾向です。

 

 

菊花賞は内枠が強い。

特に1枠2枠は要注意。

ですが6枠7枠の複勝率も悪くない。

謎なのはその中間の4枠が何故か複勝率0%。

次いで8枠も悪い。

 

 

今度はコースデータを調べてみますと言いたいところですが、この距離は万葉ステークスしかデータがありません。

しかもフルゲートになったこともありません。

ですので今回はレースデータの穴馬分布を調べてみます。

過去10年で5番人気以下が複勝圏内に来た枠順傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見るとやはりワースト2は4枠8枠です。

共通して悪いのは4枠と8枠

しかし詳しく調べてみると4枠は過去10年で4番人気以上の馬が1度も入ったことが無い枠でした。

そして8枠も同じく4番人気以上の馬が1度も入ったことが無い枠だったのですが、これは単純に外枠不利という傾向からだと推測します。

よって今回は

 

8枠不利

 

これが今回の結論です。

 


次に脚質傾向です。

対象は過去10年のデータです。

 

 

複勝率を見ると基本的には先行馬有利と判断して良いでしょう。

ただ上り1位2位の馬も侮れません。

 

今回上位人気馬で先行脚質の馬は

 

エポカドーロ
ジェネラーレウーノ

 

決め手勝負の馬はブラストワンピースも捨て難いですが、近2走で強烈な末脚を繰り出している

 

エタリオウ

 

この馬ではないでしょうか。

 


最後に血統傾向です。

菊花賞は特殊な長距離戦なので過去10年で傾向を探りました。

出走頭数は少ないものの、複勝率で良い血統は父or母父にロベルト系又はナスルーラ系です。

今回の該当馬は

 

オウケンムーン
ジェネラーレウーノ
タイムフライヤー
ドンアルゴス

 

以上4頭です。

正直、戦績的にジェネラーレウーノ以外は手が出しずらいかなという印象。

いつもなら本命馬(穴馬)は血統から狙うのですが、今回は厳しいですね。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の本命馬候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

今回は血統傾向以外から狙います。

勝率・複勝率的にはそれほど良くないが過去5年中4年は複勝圏内に来ているディープインパクト産駒。

今年の登録馬は2頭だけ。

鞍上が絶好調のこの騎手なので想定オッズ以上に売れる可能性は高いが、キャリアも浅く未知なる能力に期待しています。