紫苑ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は紫苑ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では14番ゲート以降不利と判断しています。

 

それでは上位人気馬4頭の配置を見てみます。

まずは1番人気8枠14番カレンブーケドールですが、枠順傾向で不利と判断した14番ゲートに入った。

ただ人気馬に関しては14番ゲート以降でも馬券内に絡んでいるので問題ないかもしれないが、この馬の場合は先行馬というのがネック。

このレースは外差し馬優勢の傾向があり、外枠先行というのは傾向的に真逆。

能力的には抜けていると思うので馬券からは消せないが、頭で勝負とまではいかないかもしれない。

 

次に8枠15番パッシングスルーですが、この馬もカレンブーケドールと同じく前目で競馬をするタイプ。

理想はもう少し内寄りがベストだったでしょう。

 

次に5枠8番グラディーヴァ3枠5番レッドベルディエスですが、先行又は差しという自在タイプ。

この枠順なら特に問題ないでしょう。

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇8枠14番 カレンブーケドール (馬連・ワイド 各500円)

穴本命馬ー〇8枠15番 パッシングスルー (馬連・ワイド 各500円)

 

枠順的に歓迎できない2頭ですが、それでも敢えてこの2頭を選びました。

まずカレンブーケドールはやはり能力的にこのメンバーで一枚抜けています。

そしてパッシングスルーの前走は牝馬限定戦とは言え古馬相手に圧勝。

3走前は牡馬相手のシンザン記念でも4着という健闘ぶりを評価します。

 

デム&ルメを蹴ってしまうのは正直怖いですが‥‥

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

この馬を推した根拠は過去3年で相性抜群の父ノーザンダンサー系であること。

そして消去法の記事で書いたオークス出走組が強いことである。

距離適性はやや疑問だが、中山コースとの相性は非常に良い。

あとは鞍上がもう少し前目で競馬をしてくれることを期待するだけです。