紫苑ステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は紫苑ステークス2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番マウレア
1枠2番 オハナ
2枠3番 パイオニアバイオ
2枠4番 サラス
3枠5番 ロサグラウカ
3枠6番 クイーングラス
4枠7番 メサルティム
4枠8番 ランドネ
5枠9番 カレンシリエージョ
5枠10番 ロマンテソーロ
6枠11番 ハーレムライン
6枠12番 アヴィオール
7枠13番 ホクセンジョウオー
7枠14番 ノームコア
8枠15番 レッドベルローズ
8枠16番 ロフティフレーズ

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

まず1番人気マウレアは1枠1番。

この枠はあまり歓迎とは言えないでしょう。

能力で何とかしてしまいそうですが、包まれて抜け出せずという場面もあるかも。

 

2番人気は2枠4番サラス

ここまで人気になるとは思わなかった。

この馬もマウレア程でないにしろ、差しタイプなのでもう少し外目が理想だったかも。

 

3番人気は7枠14番ノームコア

この馬は逆に先行馬なのでもう少し内目が良かったでしょう。

 

4番人気は8枠15番レッドベルローズ

差し馬なので内枠よりは良いでしょう。

でもちょっと外過ぎかな。

 

意外なのはパイオニアバイオが現在7番人気

多分、木幡巧也騎手騎乗で人気落ちしているのでしょう。

だが成績を考えたら逆に狙い目かも?

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

今回は抑え馬無しの対抗馬3点勝負です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

 

1枠1番マウレア(700円)

2枠4番 サラス(700円)

7枠14番 ノームコア(600円)

 

この3頭です。

掛け金は同額払い戻しに近くなるように資金配分しています。

 

正直各馬とも枠順的には良くない気がするのですが、それ以上にレッドベルローズがここまで人気になるほどの評価ができないので、消去法でこの3頭です。

 

そして本命馬ですが‥‥

(本命馬)

◎この馬☟

中央競馬ランキング

好枠の5枠~8枠に入った。

脚質的にもこの枠なら問題ないでしょう。

血統傾向も嵌っているノーザンダンサー系で人気もソコソコで妙味ありです。