秋華賞2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は秋華賞2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは京都競馬場で行われる芝2000m戦。

人気馬の中には距離不安のあるダノンプレミアム、ぶっつけ本番のクロノジェネシス、週末は大風の予報もあります。

少なくてもガチガチ決着はないであろうと期待しています。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

勝ち馬は内から大外まで満遍なく出てはいるが、複勝率で見ると8~11番と16番ゲート以降の成績が落ちます。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

このデータでは16番ゲート以降からは穴馬は出現していません。

やはりフルゲートの大外枠と言うのは評価を下げるべきかもしれません。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

16番ゲート以降不利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると逃げ・差しが互角です。

そして追い込み馬の複勝率は最悪

例えばシェーングランツのような極端な脚質の馬はかなり不利になるでしょう。

 

まず逃げ馬ですが、枠順にもよりますが近走の走りからみてもコントラチェックとなりそう。

前走逃げれなくて大敗したことからも、積極的に行くのではないでしょうか。

 

差し馬に関してですが、注目は9勝挙げていること。

勝率は断然トップです。

ただ上りを見ると5位程度までは極端な差が無いことからソコソコの上りが使えればよい。

調べてみると過去10年で4角10番手以内の馬が9勝挙げている。

このくらいの位置で競馬が出来る馬と言うのが理想の差し馬となりそうです。

上位人気馬で勝ち馬を探すならクロノジェネシスダノンファンタジーの2頭がこのタイプに最も近いでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にミスプロ系です。

ディープインパクト産駒が5頭絡んでいますが、複勝率で見ると22%です。

これを高いと見るか低いと見るかは主観の問題ですが‥‥

ちなみに父ミスプロ系の複勝率は36%です。

そして4頭中2頭が8番人気だったということからも相性の良さが伺えます。

 

今回の該当馬は

 

パッシングスルー
フェアリーポルカ
ブランノワール

 

以上3頭です。

ちなみに2017年にノーザンダンサー系のハービンジャー産駒が2頭来ましたが、この年は重馬場。

今回は台風の予報があるのでノーザンダンサー系の台頭があるかもしれません。

今回はコパカティビーチサンバがノーザンダンサー系となります。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

今回は無傷の3連勝のディープインパクト産駒サトノダムゼルを挙げる予定でした。

勢いに乗ったディープインパクト産駒は買いですよ。

 

しかし、この馬の鞍上は他の馬に乗りたかったらしい。

諸々の事情で今回は仕方なくサトノダムゼルということに。

そんな背景があるのなら、自分の選んだ馬よりこの馬の方が上だという騎手の選馬眼を信じます(;^_^A

 

確かに兄弟には大外枠でなければダービー馬になっていたであろうアドミラブルがいる。

前走も古馬の牡馬相手に2勝クラスとは言えコンマ7秒差の圧勝。

しかも重馬場での勝利ということも考えると、週末の雨予報も問題なし。

自分のデータや考えは無視して今回はこの馬を候補馬とします。