秋華賞2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は秋華賞2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、今回は穴馬に注目しました。

5番人気以下の穴馬に多く見られる共通点は以下の通りです。

 

① 前走ローズステークス組

② ローズステークスの着順or人気のどちらかが5着以内か5番人気以内

以上になります。

この条件で当日5番人気以下の馬は過去10年で6回は馬券内に来ています。

想定オッズから該当する馬は

ウラヌスチャーム
オールフォーラヴ
ゴージャスランチ
ラテュロス

 

この4頭です。

今回はこの4頭をデータ推奨馬とします。

 

一応この4頭が推奨馬なのですが、2011年以降で5番人気以下で馬券圏内に来た馬は全て関西馬です。

更に絞るとすれば関西馬でしょう。

該当するのは

 

オールフォーラヴ
ラテュロス

 

この2頭が該当します。

ですがオールフォーラヴは川田騎手が降りた馬。

ラテュロスは想定オッズが100倍以上。

ここ辺りは判断が難しいところです。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 アーモンドアイ 1.4
2 ラッキーライラック 4.9
3 カンタービレ 7.0
4 サラキア 10.7
5 プリモシーン 18.3
6 ミッキーチャーム 19.6
7 オールフォーラヴ 54.8
8 ウラヌスチャーム 57.2
9 ゴージャスランチ 68.4
10 パイオニアバイオ 90.3
11 ダンサール 91.3

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

秋華賞2018予想 枠順・脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

もし想定オッズ通りだったら、6番人気と7番人気にかなりのオッズの開きがある。

こういうオッズの断層がある場合、基本的に断層以下の馬は切り捨てます。

そうなると狙えるのはプリモシーンかミッキーチャームの2頭。

距離的にマイル以上で実績はないが牡馬混合の古馬重賞で勝ったプリモシーンか、勢いのついた3連勝中のディープ産駒のミッキーチャームか迷う所ですが、脚質傾向的に合うであろうこの馬を本命馬候補とします。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

アーモンドアイ

もう歴史的名馬の域に達するであろう馬です。

軸にするならこの馬しかいないでしょう。

しかし、今回は多分この馬絡みの馬券は買いません

当てることも重要ですが、問題は回収率。

アーモンドアイが来ても、ワイド馬券的にはもう2席空きがあります。

今回はそこを狙って髙回収率を狙います。

 

ラッキーライラック

石橋騎手が怪我の為乗り替わり。

馬自身もアクシデントで予定外のステップレース回避のぶっつけ本番。

この2点でオッズが妙味ありの馬券になりそうなら狙うが、そうでなければハイリスクローリターン。

オッズ次第では消すという選択肢もあり得る。

 

カンタービレ

ディープインパクト産駒は2012年以降で昨年を除けば全て馬券圏内

但し、それらの馬は全て3番人気以内に限られている。

現在3番人気以内想定のディープインパクト産駒はこの馬だけ。

そういう意味では傾向的にも妙味的にも惹かれる馬である。

 

サラキア

ひょっとしたらこの馬は4番人気ではなくて、ミッキーチャームが4番人気の可能性もあるのではないか?

ただどちらもディープインパクト産駒である。

上位人気のディープインパクト産駒は無理に消すのは得策ではない。

オッズ次第ではこの馬も候補になり得る。

 


以上で記事は終わりです。

アーモンドアイとラッキーライラックが強いのは百も承知。

ただ2頭ともぶっつけ本番。

それなら狙うのは上位人気のディープインパクト産駒。

高回収率を狙うならここしかないと思います。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング