福島記念2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんにちは、ワイド師です。

今回は福島記念2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは福島競馬場で行われる芝2000mのハンデ戦。

上位人気馬もイマイチ不安な馬が多く荒れる要素が多そうです。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

2011年を除く過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると6番ゲートまでに好走馬が集中している。

甘めに見ても9馬ゲートまでといった感じです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で2011年を除く過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関してもほぼ同じで、絞るなら6番ゲートまで、もう少し広げるなら9番ゲートでしょう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

2011年を除く過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると圧倒的先行馬有利です。

これを枠順傾向と合わせて考えると、内枠での立ち回り勝負が優位だと考えられます。

そうなると、想定1番人気ミッキースワローはこの傾向と真逆な脚質になります。

天皇賞秋を捨てて、確実に賞金を取りに来た本気度はわかるが、ちょっと怪しい1番人気な気がします。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向はロベルトorトニービン内包馬又は母父ナスルーラ系です。

このレースはスタミナやパワー寄りの血統が好走してます。

そのなかでもやはりロベルトとトニービン持ちは要注意血統です。

 

今回の該当馬は

 

アドマイヤジャスタ
アロハリリー
ウインイクシード
ステイフーリッシュ
マイネルファンロン
ミッキースワロー
メートルダール

 

以上7頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

今回の福島記念とほぼ同じ条件だったのが、函館記念。

ロベルト持ちが強く、内枠立ち回り勝負のレースだった。

そこで激走したのがこの馬。

この時は穴本命馬にしてお世話になったので、内枠配置になったら買わなくてはならない馬だと思います。