福島記念2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は福島記念2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去10年で5番人気以下の穴馬に多く見られる共通点

 

① 牡馬(例外無し)

② 57キロ以下(例外無し)

③ 1600万クラス以下は前走1着(例外無し)

④ 前走OP以上で人気or着順が二桁又は両方二桁(例外1頭)

以上になります。

今回の想定オッズ5番人気以下で該当するのは

ツクバアズマオー
マイネルミラノ
メドウラーク
ルミナスウォリアー

 

この4頭です。

個人的には④の条件の馬って買う気にはなれませんが実際そうだから思い切って勝負すか否か迷う所です。

今回はこの4頭をデータ推奨馬とします。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 エアアンセム 2.1
2 スティッフェリオ 3.8
3 マイスタイル 4.0
4 マイネルハニー 12.0
5 マルターズアポジー 12.1
6 メドウラーク 25.2
7 キンショーユキヒメ 33.3
8 マサハヤドリーム 41.9
9 トーセンビクトリー 45.9
10 レトロロック 53.1
11 ナイトオブナイツ 54.5
12 マイネルフロスト 67.8
13 トミケンスラーヴァ 89.5

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

福島記念2018予想 枠順・脚質血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

父にはこのレースと相性が良いノーザンダンサー系種牡馬。

前走は1番人気を背負いながら敗退。

正直、力量的は足りないとは思うのですが、近走安定した末脚を披露しているこの馬。

そしてこのレースは意外と差し馬が強いレース。

内枠配置で溜めてIN差しなら勝たないまでも圏内ならチャンスはあると思う。

絶対条件は内枠です。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びますが、3強オッズ模様なので評価コメントは上位3頭にします。

 

エアアンセム

前走4着で負けたとは言え、上位3頭はG1クラスの馬。

少なくともタンビュライトとは差の無い競馬だった。

ローカルのG3なら十分足りるはずである。

今回57キロを背負わされたがこのメンバーなら簡単には崩れるイメージは無い。

 

スティッフェリオ

札幌記念では5着という大健闘だったが、前走のOPでまさかの4着。

札幌記念はマグレだったのかなというのが正直な感想。

それで2番人気となると強く推すには材料が少ないし妙味も薄い。

 

マイスタイル

この馬は気持ちよく逃げれるかがポイント。

だが今回はマルターズアポジーが参戦。

この馬がいるとなると多分控える形になるのでは?

そうなると2番手が濃厚で持ち味が発揮されないままで終わる気がする。

 


以上で記事は終わりです。

ハンデ戦ではありますが、現時点ではエアアンセムが無難ではないでしょうか?

一発の魅力なら当然マルターズアポジーでしょうが‥

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング