福島牝馬ステークス2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は福島牝馬ステークス2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは福島競馬場で行われる芝1800m戦。

近3年は比較的堅い決着ですが、基本的には荒れる牝馬限定重賞。

波乱を信じて狙っていきます。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

2011年を除く過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

やはり福島競馬場ということもあり、基本は前有利。

複勝率を見てもそれは明白。

ただ意外と差し・追い込みも善戦していて5勝挙げています。

 

除外対象馬を除けば、今回は逃げるのはモルフェオルフェかショウナンバビアナでしょう。

そして先行馬も比較的揃っている。

展開的には流れそうで、後方時にもチャンス十分。

とは言っても過去10年で見ると4角10番手以下から好走したのは僅か4頭

あまり極端な追い込み馬は避けたいところです。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・メイショウサムソン

・ディープインパクト

 

又は

 

母父に

・ノーザンダンサー系

 

又は

 

・ニジンスキー内包馬

・グレイソブリン内包馬

 

です。

ディープインパクトはともかく、メイショウサムソン産駒を代表とするパワー・スタミナを兼備した血統が良く走ります。

ノーザンダンサー系やそれ以外ではグレイソブリン内包馬も侮れません。

 

対象馬が多いので、今回は該当馬を載せます。

 

ハーレムライン
フィリアプーラ
モルフェオルフェ
ランドネ
リュヌルージュ
レッドアネモス

 

以上6頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

2011年を除く過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 6歳以下
② 前走中山牝馬ステークス

 

以上になります。

過去10年(開催数は9回)で4番人気以内馬のどれかが来た年は9回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去9回中8回です。

 

今回の該当馬

 

エスポワール
フェアリーポルカ

 

この2頭です。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

買い時は前走だったとは思うが、その前走では軽ハンデながら先行馬総崩れの展開の中で唯一好走した。

デビュー5戦目以降は13戦して圏外2回という安定した成績を誇る。

長期休養明けを挟んで今回が3戦目で前走の好走はフロックではない可能性もある。

妙味は薄れるが、斤量増でもう少し嫌われた人気になるようなら狙ってみたいです。