福島牝馬ステークス2020 枠順確定後の最終結論

今回は福島牝馬ステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~8番ゲートと判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番エスポワールですが、逃げ馬2頭モルフェオルフェとショウナンバビアナが外枠に入ったので、この枠でも出していけばそれ程包まれる心配はないのでは?

それでも欲を言えばもう少し外目でも良かったかな。

 

次に2枠3番サラキアですが、好枠でしょう。

昨年は逃げて好走していることが多かったので、この配置はベスト。

たださすがに楽逃げは出来そうにないので、先行策だと思いますが。

 

次に6枠11番デンコウアンジュですが、2年連続このレースで圏内に入っていて2年前は12番ゲートからも好走しているように特に問題無いでしょう。

 

最後に7枠14番フェアリーポルカですが、ちょっとマイナスではないでしょうか。

この馬は内~中枠での好走が多いので、ちょっと外過ぎますね。

 

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は3頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(馬連)

◉穴本命馬-〇1枠1番 エスポワール (馬連 600円)

◉穴本命馬-▲7枠14番 フェアリーポルカ (馬連 200円)

◉穴本命馬-▲6枠11番 デンコウアンジュ (馬連 200円)

 

(3連複)

◉穴本命馬-①⑥⑧⑭⑪①⑥⑧⑭⑪ (各100円×10点)

 

計2000円

 

対抗馬筆頭は枠はやや内過ぎる気もするが、秋華賞以外では圏外無しの①エスポワール

そしてこちらも枠がイマイチだが、やはりこのレースは前走中山牝馬ステークスが強く、そのレースの1着馬⑭フェアリーポルカ

最後はエスポワールとフェアリーポルカの配置があまり良くないので、2年連続圏内の⑪デンコウアンジュも侮れない。

 

3連複ではこのレースで異常に好走率が高いゲートの⑥カリビアンゴールド⑧ダノングレースを追加します。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

勝ち上がるのに時間は掛かったが、1勝目を挙げてから近4走で3勝と勢いに乗っている。

前走下した相手はフラワーカップ3着馬のランブリングアレー。

更にこのレースの最も好走枠である中枠に入ってくれた。

想定オッズからは想像できないくらい売れて妙味薄だが、この馬で勝負です。