神戸新聞杯2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は神戸新聞杯2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝2400m戦。

いよいよ3歳の主役サートゥルナーリアが登場です。

登録馬も少なく荒れる見込みもかなり低そうなので、配当的にはあまり期待できなさそうですね。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

今回の登録馬は11頭で、複勝率で見ると15番ゲートまでは大差ない。

特に有利不利は無さそうです。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

11番ゲートまでは平均的に穴馬が絡んでいて、少し空いて15番ゲートで穴馬が2頭出ている。

やはりこちらも登録馬11頭ということを考えると有利不利は無さそう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

逃げ馬の複勝率が1番高く勝率では差し馬で6勝を挙げている。

逃げ馬に関しては今回明確にどの馬が行くのかはわからない。

2走前に逃げた経験があるヴィントくらいか?

ただ勝負にならなそう‥‥

 

それ以上に今回の注目は上り1位の複勝率100%・上り2位の複勝率80%という数字。

これをヒントに少し掘り下げて調べてみると、一つだけ明確なデータがありました。

 

① 前走ダービー組で上り2位以内

② 神戸新聞杯当日3番人気以内

 

この条件に該当する馬は過去10年で(4・3・1・0)で複勝率100%です。

その該当馬はサートゥルナーリアだけでした。

距離適性に?だが、発走前の入れ込みと出遅れという条件であそこまで走ったのは名馬レベル。

断トツ人気で嫌いたいところだが、データ的は堅軸と言えます。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にサンデーサイレンス系・キングカメハメハ・ルーラシップです。

この条件で過去5年15頭中14頭が該当します。

悩みどころはロードカナロア産駒です。

キングカメハメハやルーラシップと同じミスプロ系ですが、2400mの適性という点ではアーモンドアイを除くとロードカナロア産駒は2000mまでが守備範囲では?

これからの産駒次第ですが、今回は傾向からは外しました。

 

今回該当馬

 

カリボール
キタサンバルカン
レッドジェニアル
ワールドプレミア
ヴェロックス

 

以上5頭です。

脚質傾向ではサートゥルナーリアが一押しでしたが、血統傾向ではサンデーサイレンス系のヴェロックスが実力も考慮すると、サートゥルナーリアより推したい1頭です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

正直、今回は穴馬は厳しいかなーと思ってますが、穴馬のブログなのでこの馬を候補に挙げます。

父はサンデーサイレンス系だが、母方が短距離系なので距離不安はある。

しかし、現時点では2000mまでは実績があるし、デビューから上り3位以内を常にキープしていて脚質傾向にも合っている。

まだ騎手が決まってないが、出走するようなら狙ってみたい1頭です。