神戸新聞杯2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は神戸新聞杯2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では枠順有利不利無しと判断しています。

オールカマーよりさらに少ない8頭立てなので、人気馬の配置については特に考えなくて良いと思います。

展開としては当初はヴィントが逃げるかとも思いましたが、この配置だとユニコーンライオンが先手を取ると予想します。

極端な大逃げは無いと思うので、4コーナーでヨーイドンの末脚比べではないでしょうか。

 

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

穴本命馬ー〇5枠5番 ヴェロックス (ワイド 2000円)

 

決してサートゥルナーリアが要らないという訳では無いです。

むしろ頭で突き抜けるならサートゥルナーリアだと思います。

今回の焦点は2強の1・2着争いでその他の3着争いでしょう。

そうなると穴馬で勝負するなら馬券はワイドのみ。

そうなった時、2400mの適性を考えると血統的にも気性的にも3着以内という意味ではヴェロックスが上ではないかという判断です。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

展開的には4コーナーでヨーイドンの勝負と読んでいるので、決め手が重要。

上り勝負が顕著なこのレースで、穴馬を探すなら当然差し・追い込み馬。

2強は倒せないまでも、仮にもダービー馬を破った末脚は侮れません。