目黒記念2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は目黒記念2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では15番ゲート以降不利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番タイセイトレイルですが、近走先行できるようになりったのでこの枠でも問題無さそうだが、前走は捲りの競馬だったので、そこはやや心配ではある。

 

次に3枠5番キングオブコージですが、これは絶好枠でしょう。

先行馬でCコース替りの内枠はベストな条件。

 

次に6枠11番ステイフーリッシュですが、この馬も先行馬でやや外寄りの枠にはいったが、まあ可もなく不可もなく及第点でしょう。

 

最後に8枠16番オセアグレイトですが、フルゲートの大外枠と言うのはマイナスではないでしょうか。

過去の好走歴は少頭数か、多頭数の場合なら内枠配置が多かった。

先行タイプなのでもう少し内が良かったでしょう。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は3頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(馬単)

1枠1番タイセイトレイル→◉穴馬(C)(D)(各400円)

3枠5番キングオブコージ→◉穴馬(C)(D)(各400円)

6枠11番ステイフーリッシュ→◉穴馬(C)(D) (各200円)

(計 2000円)

 

まずタイセイトレイルですが、先行さえできればCコース替わりの内枠はプラスに働くはず。

 

そしてキングオブコージは格上げ初戦で1番人気というのは正直妙味薄ですが、他の有力馬の力量も微妙なので勢いを買います。

 

押さえでステイフーリッシュ。

距離実績が乏しく勝ちきれないという短所があるが、とにかくG2以下で崩れないという強みがある。

 

最後に穴馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(C)

近走の成績は冴えないが、昨年の好走歴を評価します。

後方脚質が多少心配ではありますが、今回の鞍上でこの人気ならお買い得ではないでしょうか。

(D)

昨年のアルゼンチン共和国杯ではタイセイトレイルと差のない接戦。

鞍上もこのコースを得意としており、その手腕に期待します。