目黒記念2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は目黒記念2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝2500m戦で、スタミナ勝負になりやすいレースです。

今年もスタミナ自慢の馬達が多数出走しています。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると1~4番ゲートに好走馬が集まっています。

ですが飛び飛びで8・9・12番ゲートも複勝率は高いですね。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると、完全内枠有利とも言えない。

12番ゲート以内までは比較的散らばって好走馬が出現しています。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~12番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年のデータは以下の通りです。

 

 

これを見ると先行・差しが有利ですね。

逃げ・追い込みといった極端な脚質は割引です。

今回上位人気馬は差し馬が多いですが、ポポカテペトルはその中でも確実に前で競馬をするタイプ。

個人的には何でこんなに人気があるのか疑問だが、上位人気馬が後ろで手間取るようなことがあれば、脚質的にはこの馬の前残りも十分考えられるでしょう。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父キングカメハメハ・ステイゴールド・ハーツクライ・ディープインパクト・ナスルーラ系です。

昨年は特に父ナスルーラ系の1・2着というレースでした。

今年のナスルーラ系の馬は連覇を狙うウインテンダネスだけです。

 

今回の該当馬は

 

アイスバブル
アドマイヤエイカン
ウインテンダネス
ゴーフォザサミット
ソールインパクト
チェスナットコート
ポポカテペトル
マイネルヴンシュ
ルックトゥワイス

 

以上9頭です。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

3000mを越すステイヤーのイメージがあるが、2400~2600mの戦績は6戦中5回馬券内。

血統的には相性の良いハーツクライ産駒で、鞍上も人気薄の時にこそ心強い。

好走条件は内枠先行でこの馬の持ち味を活かして欲しい。