皐月賞2020予想 穴馬過去データ消去法と枠順傾向

今回は皐月賞2020の穴馬過去データ消去法と枠順傾向の記事です。

 

netkeibaさんの現在の想定オッズは以下の通りです。

 

 


まず枠順傾向です。

改修工事後の過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

好走番の多くは7番ゲート以降から出現しています。

ちなみに6番ゲート内から好走した4頭は勢いに乗ったディープ産駒ダノンキングリー・マカヒキ・リアルスティールと2冠馬ドゥラメンテです。

内枠で好走するにはディープ産駒かG1を勝つ馬くらいのレベルが必要か?

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去5年の傾向は以下の通りです。

 

穴馬は7番ゲート以降からしか出ていない。

やはり穴狙いなら内枠は避けたいですね。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

1~6番ゲート不利

 

と判断します。

 


次は穴馬過去データ消去法です。

穴馬は基本的には5番人気以下としています。

 

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が5番人気以下馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した穴馬に多く見られる共通点

 

① 前走若葉ステークスか重賞出走馬で2着以内又は1番人気(但し若葉ステークス出走馬は2着以内且つ1番人気)

 

以上になります。

過去10年で5番人気以下馬のどれかが来た年は6回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去6回中6です。

 

今回の3強オッズなので想定4番人気以下から選びます。

上記の条件に該当する馬は

 

コルテジア
クリスタルブラック
マイラプソディ
ダーリントンホール
ガロアクリーク
ヴェルトライゼンデ
ビターエンダー

 

この7頭です。

 


 

枠順・脚質・血統傾向の記事で穴本命候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭選びました。

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

 

皐月賞2020予想 上位人気馬消去法と脚質・血統傾向

クリックしたら飛びます。

穴本命候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

今回は正直上位4~5頭で決着すると思ってますが、それでも穴を狙うなら週末の雨模様と鞍上を加味すると面白いかもしれない。

パワーの要る北海道開催や重実績で結果を残してきた。

4戦中上り最速が3回もあり、渋った馬場でこそその脚が活きそう。

実績的には一枚、いや二枚くらい落ちるかもしれないがノーチャンスでは無いと思います。