皐月賞2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は皐月賞2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では1~6番ゲート不利と判断しています。

今回は3強オッズとなっているので、上位人気馬3頭の配置を見ていきます。

 

まずは1枠1番コントレイルですが、この枠は痛い。

内枠不利なレースであり、土曜競馬を見ても雨の影響もあり、内を通る馬は少ない。

 

次に3枠5番サトノフラッグですが、不利枠に入ったが5番ゲートならコントレイル程マイナスではない。

ただやはり理想は5~6枠くらいが良かったかな。

 

最後に4枠7番サリオスですが、これは絶好枠。

先行するのに内過ぎない配置。

距離不安も考えれば、ロスの少ない枠だと思います。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びますが、今回は3番人気以内から。

今回の対抗馬は1頭選びました。

 

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

(3連複)

◎穴本命馬 ????

○対抗馬 ⑦サリオス 

▲①コントレイル

▲⑤サトノフラッグ

△⑪クリスタルブラック

△⑬ダーリントンホール

 

◎○ー①⑤ 各800円×2

◎○ー⑪⑬ 各200円×2

 

計2000円

 

対抗馬を1頭選ぶとしたらサリオス

理由は一番の絶好枠に入ったこと。

次にレーン騎手がこの馬の為だけにわざわざコロナが蔓延しているこの時期に来日したこと。

次にこの3頭の中でダントツの馬格があること。

最後にノーザンファーム生産馬であること。

距離は血統から考えてもこなせると判断します。

以上の理由からこの馬を推します。

流す相手はやはりなんだかんだ言っても3強残り2頭を重視します。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

この人気なら買うしかないでしょう。

前走の敗戦は、切れ負けと距離不足は明らか。

今回の渋った馬場もこの馬に向くはず。

人気馬が内枠に入ったこともあり、より一層チャンスが増した。

十分勝負になるはずです。