皐月賞2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は皐月賞2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは中山競馬場で行われる芝2000m戦。

想定オッズではコントレイル・サリオス・サトノフラッグの3強オッズ。

その他ヴェルトライゼンデ・マイラプソディも侮れない。

個人的な見解としては多分荒れない。

せいぜい上位6頭までの競馬ではないかと読んでいます。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

改修工事後の過去5年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行馬の成績が抜けているが、勝数は差し馬が過去5年で4勝している。

ただ過去5年で4角10番手以下で好走した馬は2016年のディーマジェスティとマカヒキだけ。

そうなると馬券内という意味で考えるなら、基本は4角9番手以内で走れそうな馬。

頭で狙うなら4角5~9番手以内の位置をキープしそうな馬というのがベターかもしれない。

一応調べてみると過去5年で前走4角位置が10番手以下だった馬は本番での複勝率は0%です。

これに該当するのは想定5番人気のクリスタルブラックだけ。

このレースが6頭立てと読むなら、絞り込み作業でクリスタルブラックは真っ先に消したい1頭です。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・ディープインパクト

・キングカメハメハ系

 

です。

 

複勝率で見ればディープインパクト産駒はもちろんですが、ロードカナロアやルーラシップを代表とするキングカメハメハ系は非常に好走率が高いです。

ただ今年の出走馬にキングカメハメハ系はいませんでした。

 

今回の該当馬

 

コントレイル
サトノフウジン
サトノフラッグ
ラインベック
レクセランス

 

以上5頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

但し2011年は東京開催です。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走1番人気且つ1着

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は9回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去9回中8回です。

 

今回の想定1~4番人気馬で上記の条件に該当する馬は

 

コントレイル
サリオス

 

この2頭です。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走は切れ負けで距離も足りなかった。

今回は距離も伸びて前走よりは前進が見込める。

弥生賞2着のワーケアを物差しで考えれば、3強とここまでオッズに差が開く程ではない。

当日現状のままのオッズ差があるようなら狙う価値はありそうです。