毎日王冠2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は毎日王冠2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われる芝1800m戦。

意外と人気馬が凡走することが多いこのレース。

少頭数ですが、穴馬の付け入る隙はあると思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると10番ゲートくらいまでは安定した成績を残している。

たた今回登録馬が10頭なので、意味がない。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

こちらも似たようなもので10番ゲート以内、甘く見ても12番ゲートまでは有利不利は無さそう。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

枠順有利不利無し

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

圧倒的に逃げ馬有利です。

次いで差し馬有利で、先行・追い込みは互角といった感じです。

 

注目の逃げ馬ですが、多分アエロリットの一人旅でしょう。

昨年の勝ち馬でもあり、傾向的にはかなり有利。

ただ現在の想定騎手が津村騎手です。

これが最大の悩みどころですね。

他の有力馬もこの馬が行くのは分かっているだろうし、簡単は勝たせてくれない。

それも含めて津村騎手はどうなんでしょう‥

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父にディープインパクトです。

昨年こそ馬券にはならなかったが、その前の年まではディープインパクト祭りです。

ミスプロ系もちょっと気にはなりますが、昨年だけなので今回は対象には入れません。

 

今回該当馬

 

ギベオン
ケイアイノーテック
ダノンキングリー

 

以上3頭です。

3歳馬で勢いのあるダノンキングリーは今回のメンバーでも互角以上の実力馬。

さらに血統で考えてみても外せない1頭でしょう。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

この馬も決して威張れる成績ではないが、穴馬っぽい馬の中には明らかに実力不足の馬やピークが過ぎ去った馬が多い。

それならば、血統的に後押しがあるこの馬にチャンスが無い訳ではない。

この距離ならインディチャンプにも先着経験がある。

想定オッズのままなら妙味ある穴馬だと思います。