毎日杯2019予想 枠順・脚質・血統傾向

こんばんわ、ワイド師です。

今回は毎日杯2019の枠順・脚質・血統傾向の記事です。

このレースは阪神競馬場で行われる芝1800m戦です。

ルメール騎手がようやく復帰で想定1番人気のヴァンドギャルドに騎乗予定。

復帰戦を見事に飾れるでしょうか。

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

外枠も来ない訳ではないが良績は1~6番ゲートに集中しています。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬傾向を見ると12番ゲート以内から出現しています。

ちなみに12番ゲートの穴馬はゴールデンチケットで後のJCDの3着馬でした。

 

判断が難しいところですが、まずは開幕週ということ、そしてコンスタントに穴馬が絡んでいるのは9番ゲートまでということ、ゴールデンチケットは結局ダート馬だったが根本的に能力が高かったということを考慮します。

 

以上のデータを踏まえて今回の結論は

 

1~9番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

これを見ると逃げ馬が全滅です。

追い込み馬の複勝率が20%を超え、上り1位の馬の複勝率が90%を超えるということは完全にこのレースは決め手勝負ということです。

上位人気馬で決め手勝負の馬はヴァンドギャルドとケイデンスコールでしょう。

ウーリリはキャリア1戦なので謎ですが、マカヒキの全弟と考えるとこの馬も決め手がある可能性はあります。

ただ複勝率は先行馬が一番なのでランスオブプラーナは1番ワイド向きかもしれません。

 


最後に血統傾向です。

過去5年の1~3着馬の血統表です。

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父ディープインパクト又は父or母父にミスプロ系です。

特に決めて勝負といえばディープインパクト産駒は要注意でしょう。

今回の該当馬は

 

アントリューズ
ウーリリ
オールイズウェル
キングオブコージ
ケイデンスコール
セントウル
ダノンテイオー
ルモンド
ヴァンドギャルド

 

以上9頭です。

注目はやはりディープインパクト産駒で、今回も上位3番人気想定までの馬がディープインパクト産駒です。

そうなるとやはり実績と安定性を兼備したヴァンドギャルドは人気でも外せないかもしれません。

 


これで傾向考察は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

正直、今回の鞍上だけを見たら危険すぎる。

しかし前走重賞1番人気で惨敗、且つこの騎手だからこそ逆に妙味ある穴馬だとも思える。

人気馬としてなら買いたくないが、鞍上で嫌われるのなら逆に狙って面白いと思う。