武蔵野ステークス2019予想 過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は武蔵野ステークス2019の過去データ(枠順・脚質・血統)傾向分析の記事です。

このレースは東京競馬場で行われるダート1600m戦。

別定戦ですが比較的荒れやすいダート重賞なので、強きに穴馬狙っていきたいと思います。

 

現在の登録馬とnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 

 


まず枠順傾向です。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

東京ダート1600mと言えば、外枠になればなる程芝部分を走る距離が長くなるというコース。

よって物理的に内枠が不利になるコースです。

ただ複勝率で内枠は1・2番ゲートの成績が落ちる程度で3番ゲート以降はそれ程大きな差は無い。

そして意外なのは外枠の14番ゲートの複勝率が非常に低いということ。

 

今度は穴馬の枠順傾向を調べてみます。

5番人気以下馬限定で過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

穴馬に関しては14番ゲート以降からは出現していない。

人気馬だけしか好走してないことが分かります。

 

上記のデータを考慮して今回の結論は

 

3~13番ゲート有利

 

と判断します。

 


次に脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

複勝率で見ると先行馬有利です。

逆に頭で狙うなら逃げ・差し・追い込みでしょう。

ただダート戦となると基本的に前に行く馬が多いのですが、今回は思ったより少ない。

そうなると今回は先行馬主体で馬券を組むという手もある。

その先行馬も人気薄の馬達が多いので、穴を狙うなら先行馬かもしれません。

 


最後に血統傾向です。

以下が2014年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系)
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は父or母父にミスプロ系orナスルーラ系です。

ミスプロ系は当然ですが、近2年はナスルーラ系も好調です。

今回は該当馬が多いので非該当馬を載せます。

 

今回該当馬

 

スワーヴアラミス
タイムフライヤー
デュープロセス
ミキノトランペット
ワンダーリーデル

 

以上5頭です。

前走1番人気で敗れたタイムフライヤーやデュープロセスは傾向的には買いづらい馬達です。

 


これで傾向分析は終わりです。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

前走のエルムステークスは逃げ合戦で沈んだだけでノーカウント。

展開的にもそれ程ペースは上がらなさそうで、逃げそうな馬もこの馬だけ。

単騎逃げが叶えばこの馬は面白いと思う。