武蔵野ステークス2019予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は武蔵野ステークス2019の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

枠順傾向の記事では3~13番ゲート有利と判断しています。

現在の人気はデュープロセスとエアアルマス以外は大混戦。

単勝でトリームキラリが3番人気になっている点でもそれが分かる。

馬連・馬単・3連複・3連単で見ると、総合的な人気順はエアアルマス・デュープロセス・スウィングビートの順です。

そこで今回はこの3頭を上位人気馬として扱います。

それでは上位人気馬3頭の配置を見てみます。

 

まずは3枠5番エアアルマスですが、この馬は砂を被るのをかなり嫌う馬。

この枠順は決して良いとは言えないですね。

次に2枠3番デュープロセスですが、この馬は差し馬。

いつもの競馬をするならこの枠は内過ぎる。

しかも東京1600mの芝部分が少ない内枠ということも考慮すると良い枠ではない。

 

最後に7枠13番スウィングビートですが、外有利の外枠配置。

基本的には差し馬なので、配置も問題無いでしょう。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

今回は1頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬①〇3枠5番 エアアルマス (馬連・ワイド 各500円)

◎穴本命馬②-〇3枠5番 エアアルマス (馬連・ワイド 各500円)

 

結構迷いましたが、砂を被る危険を考慮しつつ、敢えてこの馬で勝負します。

基本的に自分の対抗馬は1~4番人気以内と決めています。

確率論の問題で、単勝・複勝を除けば1~4番人気の馬券を外して買うことはその時点で80%以上の確率で負けが決定している。

ダート替わりで3連勝。

その中には内枠で勝った経験もある。

ここはダート能力を信じてエアアルマスで勝負です。

 

 

最後に穴本命馬2頭はこの馬☟


中央競馬ランキング

(穴本命馬)

穴本命馬①

やはりメンバーを見ても先行勢は手薄で単騎逃げが濃厚なこの馬。

東京コースだが、何だかんだ言っても複勝率では前に行く馬は有利。

やや売れ過ぎで妙味薄になったが、この条件なら買うしかない。

 

穴本命馬②

ダートで一変するという期待を2度裏切って、ついにオッズも急降下。

しかし、人気が無いのなら狙う価値はある。

2走前は尋常じゃないペースに付き合いながらもしぶとく粘り、前走は距離が長過ぎた感じがする。

今回のマイルは意外にベスト距離の可能性もあるし、手薄な先行勢の1頭でもあるので粘り込みに期待したい。