武蔵野ステークス2018予想 過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析

こんばんわ、ワイド師です。

今回は武蔵野ステークス2018の過去データ推奨馬と本命&出走予定馬分析の記事です。

 


まずはデータ推奨馬から入ります。

過去10年の結果は以下の通りです。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから穴馬の傾向を探したいと思います。

過去10年で5番人気以下の穴馬に多く見られる共通点

 

① 7歳以下(例外無し)

② 前走クラスOP以上(例外1頭)

③ 前走芝戦の馬は過去にダート重賞連対実績あり(例外無し)

④ 中央ダートG1レースを除く前走人気or着順が4番人気以上or4着以上(例外無し)

以上になります。

今回の想定オッズ5番人気以下で該当するのは

グレンツェント
メイショウウタゲ
ユラノト

 

この3頭です。

今回はこの3頭をデータ推奨馬とします。

前走芝戦を使った馬のデータは載せていませんでしたが、調べてみたら上記のような共通点がありました。

 


それでは本命馬(穴馬)予想に入ります。

現在のnetkeibaさんの単勝予想オッズ二桁台までは以下の通りです。

 

1 サンライズノヴァ 2.1
2 インカンテーション 3.8
3 ウェスタールンド 4.9
4 ナムラミラクル 5.5
5 ユラノト 16.3
6 グレンツェント 24.9
7 クインズサターン 34.7
8 イーグルフェザー 37.4
9 メイショウウタゲ 46.0
10 クルーガー 62.8

 

本命馬は5番人気以下から狙いたいと思います。

枠順・脚質・血統傾向の記事で本命馬候補を1頭挙げましたが、更にもう1頭本命馬候補を挙げたいと思います。

 

よろしければこちらの記事も読んでみて下さい☟

武蔵野ステークス2018予想 枠順・脚質血統傾向

クリックしたら飛びます。

本命馬候補(B)

この馬☟


中央競馬ランキング

常識的に考えたら要らないと思うのですが、一発を秘めた馬ならこの馬かと思います。

血統的には父にミスプロ系を持っているので傾向的には合っている。

久しぶりのダートで最後に走ったのは未勝利戦で1着。

ただその時の2着馬はアポロケンタッキーだった。

ずいぶん前の戦績なので信頼性はイマイチだが穴候補としては面白い1頭である。

 


最後に出走予定馬分析です。

対抗馬は基本的に1~4番人気以内から選びます。

 

サンライズノヴァ

フェブラリーステークス4着以外は近7走で6連対という素晴らしい成績。

後方脚質の馬だがらなのか、毎回東京コースに照準を合わせて出走している。

脚質的には嫌いたいのだが、これだけ安定した成績を残されると無理に蹴るのは得策ではないかもしれない。

 

インカンテーション

8歳になっても衰えを知らない。

ソロソロ衰えるのではと思うが、近走の成績を見るとそうは感じない。

サンライズノヴァと違って脚質は比較的自在で、どのコースでも結果を残している。

近8走で東京大賞典7着を除けば7戦馬券圏内。

この馬とサンライズノヴァの2頭が揃って消えるというのは考えにくい。

 

ウェスタールンド

前走は2着だったがその時の1着馬は後のJBCクラシック2着馬のオメガパヒューム。

そして3着馬は同じくJBCクラシック3着馬のサンライズソア。

なんか今こうして記事を書いているだけで、このレースは荒れないなと感じてしまう。

この馬も前走がマグレでなければ上位2頭に劣らずの実力はあると思います。

 

ナムラミラクル

買い要素は鞍上ルメール、そして上位人気馬の中で一番前で競馬できそうなのがこの馬。

この2点でどこまで上位3頭に迫れるかが問題。

実績的にはやや劣ると思うが、ルメール騎乗でこの人気なら押さは必要かな。

 


以上で記事は終わりです。

上位人気馬はどれもそれなりに魅力があるのですが、手を広げすぎると儲からないので絞るとすれば、過去実績と安定性を重視してサンライズノヴァとインカンテーションかなと考えています。

後はオッズ次第ですね。

 

本命馬候補をまだ見ていない方はこちらからでもどうぞ。

本命馬候補(B)☟


中央競馬ランキング