武蔵野ステークス2018予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は武蔵野テークス2018の枠順確定後の最終結論です。

枠順も確定してどの馬が良い枠に、悪い枠に入ったでしょうか?

 


まず確定した枠順は以下の通りです。

 

1枠1番 マイネルオフィール
1枠2番 パルトネルラーフ
2枠3番 クインズサターン
2枠4番 サンライズノヴァ
3枠5番 イーグルフェザー
3枠6番 ラインシュナイダー
4枠7番 ユラノト
4枠8番 ルグランフリソン
5枠9番 ストロングバローズ
5枠10番 ナムラミラクル
6枠11番 グレンツェント
6枠12番 クルーガー
7枠13番 メイショウウタゲ
7枠14番 モルトベーネ
8枠15番 ウェスタールンド
8枠16番 インカンテーション

 

赤字の馬が現在上位人気4頭です。

東京ダート1600mは基本的に外枠有利。

その中でも最内枠の2枠4番サンライズノヴァは上位人気馬の中では最も不利な枠に入ったといえるでしょう。

しかも脚質的にも後ろからということも考えると内枠は決して有利ではない。

その他の上位人気馬は無難に外枠に配置されて実力を発揮できるのではないでしょうか。

 

基本的に対抗馬や抑え馬は上位4番人気以内から選びます。

掛け金は目安として2000円設定です。

 

今回は対抗馬2頭の2点勝負です。

そして対抗馬はこの馬です。

(対抗馬)

今回の対抗馬は

8枠15番 ウェスタールンド(1000円)
8枠16番 インカンテーション(1000円)

 

(抑え馬)

今回は無しです。

 

対抗馬候補で消したのはサンライズノヴァ。

内枠は決して歓迎ではない。

先行馬ならまだ買い材料はあったが‥

そしてナムラミラクルですが実力的に今一つ足りていない。

そうなると外枠を引いて尚且つ自在性のあるインカンテーションとダート路線に変わって一変したウェスタールンドの2頭を有力視しました。

 

最後に本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

(本命馬)

狙っていた6枠12番クルーガーは枠順も文句なしでダートで一変する可能性も秘めているのですが、ちょっと冒険し過ぎかな‥

やはり堅実的な穴馬を選びたい。

前走はルヴァンスレーヴとゴールドドリームという超2強には負けたが、フェブラリーステークス勝ち馬で先週のJBCクラシック4着馬でもあるのノンコノユメには4馬身差で先着している。

これでもたいした人気になっていない今回は買い時ではないでしょうか。