桜花賞2020予想 枠順確定後の最終結論

今回は桜花賞2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

現時点の単勝オッズではリアアメリアが4番人気ですが、総合オッズではマルターズディオサが4番人気。

当ブログではマルターズディオサを4番人気として扱います。

 

枠順傾向の記事では1~5番ゲート不利、6~11番ゲート有利と判断しています。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠4番サンクテュエール3枠5番マルターズディオサですが、過去傾向から言えば最悪の枠に入った。

近2年5番ゲート以内から好走馬は出ているが、その馬は先週の大阪杯で牡馬を撃破しワンツーフィニッシュしたクロノジェネシスとラッキーライラックという超一流牝馬。

ただ昨日の同コース阪神牝馬ステークスでは2番ゲートのサウンドキアラが見事に勝利。

能力があったからと一言で片付けるのは簡単だが、内枠だからと言って軽視するのは危険かも?

 

次に5枠9番デアリングタクトですが、これは良い枠でしょう。

内過ぎず外過ぎずで、あとは溜めて自慢の脚を活かすだけ。

 

最後に8枠17番レシステンシアですが、痛恨の大外枠。

配置も最悪な上に同型スマイルカナは3番ゲート。

逃げれたとしても序盤での体力の消耗はかなり激しそう。

 

基本的に対抗馬は4番人気以内から選びます。

今回の対抗馬は2頭選びました。

あと押さえで1頭。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◉穴本命馬5枠9番 デアリングタクト (馬連 900円)

◉穴本命馬-〇2枠4番 サンクテュエール (馬連 900円)

◉穴本命馬-▲8枠17番 レシステンシア (馬連 200円)

 

対抗馬1頭目は当初全く買う気はなかったデアリングタクト。

なにせ他の上位人気馬の配置に不安要素が多すぎる。

正直今でも本当に強いのか疑問だし、過去の好走傾向からは全く当て嵌まらない臨戦過程だが、前走の走りは確かに大物の予感はするので、繰り上がりでこの馬を挙げます。

 

対抗馬2頭目もかなり迷ったが、昨日のサウンドキアラのように内枠を極端にマイナス視しなければ、サンクチュエールは重視したい。

牡馬相手のシンザン記念を勝ち上がり、鞍上ルメールとくればそれなりに評価したい。

ちなみにルメール騎手は今年に入って、土日の重賞で2レース騎乗があった時は必ず1レースは連対している。

つまり週単位で言えば連対率100%です。

昨日(土曜日)にコケているので、今回は連対する番?

 

押さえでレシステンシア。

枠の並びと枠順は最悪だが、ポテンシャルで言えば最上位。

ここは押さえます。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

今回は展開的に流れる可能性大でこの馬には理想的。

枠順も過去傾向から考えてベスト。

勝ちきれないが崩れない馬でもある。

先週のG1勝利で波に乗っている鞍上に期待します。