桜花賞2020予想 上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向

今回は桜花賞2020の上位人気馬過去データ消去法と脚質・血統傾向の記事です。

 

このレースは阪神競馬場で行われる芝1600m戦。

上位勢は力も拮抗しており、面白いレースが期待できそうです。

 

現時点のnetkeibaさんの予想オッズは以下の通りです。

 

 


まずは脚質傾向です。

過去10年の傾向は以下の通りです。

 

 

注目は追い込みが4勝ということ。

追い込みがこれほど活躍するレースも珍しく、これだけで桜花賞は後方勢に有利なレースと言えます。

そこで気になるのは1番人気想定の逃げ馬レシステンシア

桜花賞の流れからすると明らかに向かないので、そこは不安要素。

同じ逃げ馬スマイルカナとの枠順の並びも重要になってきそうです。

能力は十分だが、頭で狙うにはリスクが高そうです。

 

他の上位人気馬も先行タイプが揃っているが、上位人気馬で差し・追い込みタイプと言えばクラヴァシュドールデアリングタクトリアアメリア辺りか。

この3頭は脚質傾向だけで考えるなら押さえておきたいですね。

 


次に血統傾向です。

以下が2015年以降の1~3着馬の血統表です。

ピンク(サンデーサイレンス系) 
ブルー(ミスプロ系)
イエロー(ノーザンダンサー系)
グリーン(ナスルーラ系)
濃いピンク(ロベルト系)

 

 

過去5年の活躍馬の傾向は

 

父に

・キングカメハメハ系

 

です。

馬券になっているのはほぼサンデーサイレンス系かキングカメハメハ系。

その中でもディープインパクト産駒の活躍が目立つが、実は複勝率で見ると17,4%という平凡な数字。

他のサンデーサイレンス系種牡馬を見ても特筆するものはない。

サンデーサイレンス系は活躍しているが、だからと言ってこれと言える種牡馬はいません。

ただキングカメハメハ系は複勝率だけで見れば50%という好成績です。

 

今回の該当馬

 

ヤマカツマーメイド

 

以上1頭です。

 


最後に上位人気馬過去データ消去法です。

上位人気馬は基本的には4番人気以内としています。

過去10年の結果は以下の通りです。

カラー部分が1~4番人気馬となっていて、赤色部分は強調点として色分けしました。

 

 

このデータから読み取れる材料は見方によって様々ですが、ここから上位人気馬の傾向を探したいと思います。

基本的に年代別単位で考えています。

過去10年で好走した上位人気馬に多く見られる共通点

 

① 前走重賞で1着且つ3番人気以内又は前走3着以内且つ1番人気

 

 

以上になります。

過去10年で4番人気以内馬のどれかが来た年は10回。

今回の条件に全て当て嵌まる馬が来た年は過去10回中9回です。

 

今回は上位6頭が拮抗しているので、想定1~6番人気馬を対象とします。

 

サンクテュエール
レシステンシア

 

この2頭です。

 


これで考察は終わります。

そして現時点の穴本命候補は

この馬☟(A)

中央競馬ランキング

勝ちきれないが、崩れない。

脚質傾向でも書いたが、上り重視で見るならこの馬は4戦中3戦上り最速でその中には重賞が2レース含む。

マルターズディオサやレシステンシアとも差の無い競馬をしており、展開が傾けばこの馬にもチャンスは十分ありそうです。