根岸ステークス2020予想 枠順確定後の最終結論

こんばんわ、ワイド師です。

今回は根岸ステークス2020の枠順確定後の最終結論です。

良い枠順、悪い枠順に入った馬はどの馬でしょうか?

 


まず確定した枠順と現時点のオッズは以下の通りです。

 

 

 

枠順傾向の記事では15~16番ゲート不利と判断しています。

単勝3番人気のモズアスコットは単勝だけが売れている。

実質的上位人気4頭はミッキーワイルド・ ワンダーリーデル ・コパノキッキング・ダノンフェイスと判断します。

それでは上位人気馬4頭の配置を見ていきます。

 

まずは2枠3番ミッキーワイルドですが、なぜか毎回外枠配置になっていたこの馬が久しぶりの内枠配置。

脚質転換してから内枠発走が一度も無いのでやや不安ですね。

 

次に3枠5番コパノキッキングですが、先行馬なので枠順はベスト。

昨年までは差し馬で、このレースも差し有利というレース。

できれば今回は好位くらいでレースを進めて欲しいですね。

 

次に2枠4番ワンダーリーデルですが、当コースでは内差しでも良績を残しているので問題無いでしょう。

 

最後に8枠15番ダノンフェイスですが、過去10年でモーニンしか馬券内にきたことがない8枠。

痛いですね。

この馬はかなり推していて穴本命にしようと思っていたのですが、人気になった上に8枠となるとちょっと手が出しにくい。

 

 

基本的に対抗馬は上位4番人気以内から選びます。

 

今回の対抗馬は2頭選びました。

資金は目安として2000円設定です。

それでは今回の対抗馬と買い目ですが

 

◎穴本命馬3枠5番 コパノキッキング (馬連 500円 ワイド 1000円)

◎穴本命馬2枠3番 ミッキーワイルド (馬連 500円)

 

対抗馬筆頭は人気の藤田騎手を降ろしてまでもマーフィー騎手で確実に勝負してきたであろうコパノキッキング。

対抗2番手は9戦連続馬券内という安定性を買ってミッキーワイルドです。

 

最後に穴本命馬はこの馬☟


中央競馬ランキング

近2走は距離が長かった。

マイル以下ならまだ底は見えていない。

先行馬というのが脚質傾向的には合わないが、今回は意外と先行馬も少ないので狙ってみる価値はありそうです。